ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

唯一無二

今から20年前のろびです。

当時はコンデジを持っていなかったので
子猫時代の写真は全て使い捨てカメラでした。

ろび
(20年前の自分に言いたい コンデジを買え!と)


時間差で保護したぽっけと体重300g足らずでうちに来て

あっちへモゾモゾ こっちへモゾモゾと
いろんなところへ潜って探検したり
(こっちはドキドキ)


人の顔やおなかを踏み台に走り回ったり
(私はジャンプ台じゃない)


深夜に部屋のカーテンがユラユラ揺れていてドキっとしたら
2匹でカーテンの裏にぶら下がっていたとか
(爪がひっかかって「どーちよー」って感じでした)


チビろびぽ
左がろびで右がぽっけ(まだキトンブルー)


楽しいエピソードはたくさんあるけれど、中でも好きなのが

生後1ヶ月ちょっとたった頃だったかな
ろびぽっけが階段を「よじよじ」上っていて
しばらくたってから随分上まで行ったのだろうとのぞいたら

2匹とも3、4段目で疲れ果てて眠っていたという(笑)


階段の途中にて
オイラ大満足ですじょ…zzz


この満足感たっぷりの寝姿がなんとも言えず
今だったらきっと「エベレスト登頂か!」とツッコんでるんだろうけど

本当にかわいくておもしろい兄妹でした。


右P 左R
左:ろび 右:ぽっけ


現行犯R
洗車用スポンジをくわえ逃走をはかろうとする兄(ろび)を見張る妹(ぽっけ)


ひとり遊び
若い頃は階段の最上階からおもちゃの「ちゅっ太くん(ネズミ)」を投げる→くわえて持ってくる
という遊びが好きなコでした




自分より明らかに小さい箱に入れると信じて疑わないところとか

2010081805011457c_2019112220194203a.jpg



保護猫が巣立った後の保護部屋にこっそり入って遊んでいるところとか

2014082404570563a_20191122202018a55.jpg



そろり、そろりとやってきては
いつの間にか私の股におさまっているところとか

2014092310174954b_20191122202020e18.jpg



こちらがはずすまで、かぶりもの(や応募シール)を
かぶった(貼り付けた)まま普通に過ごすところとか

201410300713520df_20191122201938fdb.jpg



何かお願いごとがあると、つぶらなしとみで
おねないポーズをしてくるところとか

好きなところをあげたらキリがないんだけど

2017051604122913b_20191122202020338.jpg


ろびのぬくもりに触れられなくなって昨日で2年

耐えて耐えて踏んばって踏んばって
それはきっとこれからも果てしなく続くのだろう。



ぽっけクロチボンの存在に随分と助けられています。
でも、その穴は彼らでは埋めることはできません。


死んだコの穴は死んだコでしか埋められない。

なぜなら、それぞれが唯一無二の存在だから。



昨日はろびの大好物だった茹でもやしを仏前にお供えしました。

我が家では毎月22日はもやしの日となっております。
(経済的かつ美味しい)

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二代目誕生

ある日の朝食後のこと

どこからか仁義なき戦いのテーマが聞こえてくるな~と思ったら


1ニャン義なき戦い
ボボン「おいっ そこの白黒!」


2レディーゴー
ボボン「いま!(ゲシっ」


3ひょい
ボボン「いまボクのこと見て笑ったろ!!」


4ひょいひょい
クロチ(スタコラサッサ=З)


5ひょひょいのひょい
ボボン「くっそ~~っ」


6二代目台紙の誕生
ボボン「なんで笑うんだよ!」


そりゃ、おでこにそんなもの貼られちゃあ

ね。




えー、改めまして

7笑う兄ちゃん

二代目「台紙」就任式を行います。

8背筋正す兄ちゃん

うそだよ(笑)



9勢い余ってぽっさまのいる場所へ

飼い主のちょっとしたイタズラ
ボーちゃんのおでこに麦芽ジュースのシール)に


怪訝そうな表情のぽっさま
笑いがこらえきれない白黒の兄ちゃんと

10周りをよく見ろ(ガクブル)
おい!


激おこプンプン!なボーちゃんなのでした。


(シールはその後、自然にはがれ落ちて
私のスリッパの底に貼り付いていたという←因果応報)

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

習慣

朝食後に窓際で暖を取ることが増えてきた
元・外猫組のクロチ(白黒)とボボン

IMGP6148.jpg

今は懐かしき外猫時代↓

20161211095816fa0_2019111702564421a.jpg

あの頃は八ヶ岳おろしにさらされて
キンキンに冷えた耳や手足を温めるために
こうして日の当たる玄関前に来ては仲良く並んでいたものだけれど

当時より格段に暖かい場所へ来た今でも並んでしまうのは
習慣というものなのだろうか…。
(今の住まいは夏は暑く冬は暖かい)


敬愛するクロチ兄ちゃんの鼻水アート(窓)を見つめるボボン

IMGP6151.jpg
ボボン「すげぇや兄ちゃん 流れ星みたいだ」


加齢とともに、いつの間にか縮んでしまった兄ちゃん(クロチ15歳)に
優しく寄り添う弟分(ボボン10歳)

IMGP6153.jpg


今までたくさん守ってもらってきた分、今度はボクが・・・

IMGP6157.jpg
ボクが兄ちゃんを守る!


IMGP6009.jpg
守るんだ!!

うん、がんばれ。

でもその前に、兄ちゃんのごはん皿に顔を突っこむのはやめような。
(見なさいよ そのくびれのないウエスト)



【おまけのぽっさま

今月初めに受診した半年に一度の健康診断の結果です。

クレアチニンとBUNの数値は10月血液検査のときとほぼ変わらずですが
当時の嘔吐や食欲不振がなくなってきたので
ラプロスとセミントラの投薬を再開することになりました。

Cre 4.4mg/dL(前回10/6 4.6mg/dL)基準値0.8-2.1
BUN 88mg/dL(前回10/6 82mg/dL)基準値15-33

※前回の検査と今回の検査の基準値に差があるのは
検査機関が異なるため(前回=かかりつけ 今回=専門機関)
ちなみに尿比重(かかりつけ検査)1.011(基準値1.015~1.045)前回比なし


IMGP5755.jpg


猫の慢性腎不全についていろいろ調べてはいますが
まだまだ知らないことばかりで

この先ぽっちゃんと一日でも長く過ごすためにも
がんばらねばと帯を締め直す私なのでした。

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

集中力

それはある朝のことでした。


IMGP5908.jpg
今日もいい仕事したわ…(カリカリモグモグ)

朝からやかましく、あいや、賑やかに家中に結界を張って歩き
大満足のぽっさんが朝食を召しあがっていると…

IMGP5915.jpg

茶トラいのが堂々と結界破り。


IMGP5916.jpg

でも気づいていない様子のぽっさん


IMGP5917.jpg

女子の寝所をのぞき見し


IMGP5918.jpg

ついでにぽっさんの飲み水に口をつけようとして私に止められ
おなかの袋を揺らしながら自分の部屋に戻っていった茶トラいの。


IMGP5922.jpg

でも気づいていないぽっさん


IMGP5923.jpg
・・・ん?

ごはんに集中してて本当に気づいてなかった…( ̄▽ ̄;

(気づいていたら確実にガン見(▼-▼*)ですから)



ところで↑の食事台、自作したときはこんなに白かった↓のが
年月を経ていい感じの飴色になってきました。

20111024045503171_20191116114802190.jpg
2011/10/24→

今と色が全然違う。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ぽっけの鳴き声で絶賛寝不足中です(ё_ё;)

1、2年ほど前からよく鳴くようになりましたが最近は特にひどくて

たとえば目があっただけで
「今ぽっけちゃんのこと見た!?見た!?」

寝返りうっただけで
「ねえ今、寝返りした!?した!?」

みたいに鳴き声が太文字状態で
一度鳴き始めると、ずーっと鳴いてる。

ろびも晩年は大音量で鳴くコでしたが
注意すればやむのでまだよかったけど

ぽっけの場合は注意するとやむどころかボリュームが上がり
あまり強く注意すると失禁することもあるので
鳴き始めたらなだめるしか方法がなくて。


IMGP5928.jpg

ここ最近は目覚ましが鳴ると同時にぽっけも鳴き出して
時計を止めても彼女は鳴き続けているので
寝過ごし防止にはなっていますが(笑)


ぽっけを起こさないように寝返りもスローモーションです。
(; ・`ω・´)ドキドキ…

| 家猫(2018.10-) | 13:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デビュウ

それは昨日の昼のことでした。


1週間分の弁当用おかず・常備菜を作り終えて
ふと男子チームの部屋に目をやると・・・

IMGP6163.jpg

こっ、これは・・・

IMGP6169.jpg

もしかして・・・

IMGP6166.jpg

ナマコ?(。 。 )☆\(--;)




ちょっと前のめり具合が足りない気がするけれど
たぶんボーちゃん初の「ごめん寝」。

「ごめん寝デビュー」です。

IMGP6180.jpg
ごめんよ兄ちゃん…(ブヒー)


・・・で、何に謝っているのかというと



クロチ兄ちゃんにです。

そう、口内環境が悪くて少しずつしか食べられない兄ちゃんのために
残しておいたお皿に顔を突っこんでカリカリを強奪したのです。
(しかもk/dではなく食欲UP用の市販のおいしいやつだけ)

IMGP6158.jpg
ボボン「なんだよ、ちょっとだけじゃんか」


兄ちゃんはショックのあまり、置手紙を残して旅に出てしまい・・・

IMGP6159.jpg

はしなかったけど、すねてあっちを向いたまま寝てしまいました。


ボン、謝れ

全力で謝れ。


IMGP6178.jpg
ごめん寝 兄ちゃん~~(ブヒヒ~)


うーん、やっぱりナマコだ。




【おまけ】
お久しぶりのプチかーさん
(ガラケー画像なので粗くてすみません)

KIMG0449.jpg

昨日の夕方の様子です。

相変わらず三毛猫セーターを着込んでいるようでモコモコ
手足も安定(?)の真っ黒でした。


どうかこの冬も暖かい場所を見つけてしっかり眠れますように。
おいしいごはん、たくさん買ってあるからね。

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超がつくほどビビリ

今日は午前中にマンションの防災設備点検があり
避難経路の点検のため角部屋に業者さんが来ていたんだけど

ベランダから作業音が聞こえ始めた瞬間


ボーちゃんが消えた(・◇・)


IMGP6127.jpg

実はボーちゃん、知らない人に対してはかなりのビビリ。

宅配の人が来るとベッドに隠れるし
来たのが管理人さんでもベッドに隠れる

最近はインターホンが鳴っただけで瞬間移動のように視界から消える。



一方、外猫時代はボーちゃん以上に人見知りだった
白黒い御方はというと・・・


IMGP6130.jpg

けっこう大きな作業音にも動じず窓際でウトウト…。


IMGP6128.jpg
兄ちゃんすげぇ!さすが寝癖ついてるだけあるな!!

IMGP6133.jpg

それは関係ないと思う。



点検終了後、しばらくしてからやっと出てきたボーちゃん

まだ心細いのか居眠りの場をガリガリサークルに移したクロチ
席を半分わけてもらっていました。

IMGP6120.jpg

ちなみに2匹は病院でもこんな感じです。

クロチは少しドキドキしている様子だけど特に抵抗もせず
されるがままに診察を受けているし

ボーちゃんは診察中は壁をガン見(`・ω・´;)

隠れる場所がないのでひたすら壁をガン見(`・ω・´;;)

獣医師さんや動物看護士さんとも一切目を合わせず
とにかく壁をガン見(`・ω・´;;;)


診察台についた肉球の汗の跡を見るとちょっと気の毒に思いますが
まだ外猫になる前の彼が猫風邪で初めて病院へ行ったときに
診察室で大暴れしたのを思い出すと
これくらいビビリのほうが通院は楽なのかもしれません。
ボーちゃんには悪いけど^^;)


IMGP6122.jpg

ちなみにちなみに

非常ベルの音が聞こえる中、ぽっさんは爆睡していました。


前も言った(気がする)けど、猫は老齢になると
周囲に関心がなくなるというかマイペースさが増すというか
ほんと、いろんなことを気にしなくなります。
上記のクロチもきっとそのせいかも。

まだ10歳と若いボーちゃんは周囲の刺激をかわしきれずに
受けとめてしまう(反応してしまう)んでしょうね。


いつか彼がぽっけクロチのようになる日がくるのか
それとも、おじいちゃんになっても相変わらず瞬間移動をするのか

5、6年後が楽しみです。

| 家猫(2018.10-) | 15:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫は学習する

今日の記事のどこが前回(今年5月)の続きなのかというと


あんた誰よ(▼-▼*)
IMGP6022.jpg
(えっ…?)


つい最近の写真より

日当たりのよい南向きの和室で
先客ぽっさんと一緒に日向ぼっこがしたいボボン

これまでの・・・そう、前記事までの彼なら間違いなく遠慮なしにそばに行って
シャーっ!フーっ!!ポカポカ!!!о (▼д▼*)」だったけど

いい加減、何回も怒られりゃ彼も学習する。


あんた誰って聞いてんのよ~
IMGP6026.jpg
えっと、ボカァ…(ぽっけオバチャン、ボクのこと忘れちったのかな)


近づきすぎなければぽっけオバチャンおねいさんも
ケンシロウ化しない


・・・はず。


IMGP6029.jpg
……そっ-з


そう思ったボボンは胡散臭そうな眼差しを向けるぽっさんの隣に
そろりそろりと腰を下ろすと


IMGP6032.jpg
・・・見てオバチャン! ボク怒られなかった!!


まるで、そう言いたげにこちらに顔を。


うんうん、よかったねボーちゃん(゚ーÅ)


IMGP6033.jpg


その後も窓から流れ込む暖かい風に2匹でそよそよと。


・・・・だからあんた誰よ
IMGP6034.jpg
ええっ!?


嘘よ 知ってるわよ
IMGP6036.jpg
よかった(ホっ)


こんな光景を見られる日が来るなんて。


歳の差倍(20歳と10歳、人間でいうと96歳と56歳)の
わずか5分足らずではあったけれど

なんともほっこりするひとときに、玉ねぎの皮をむいていることなど忘れて
ファインダーをのぞく私なのでした。


(カメラが玉ねぎ臭くなった+_+)

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モジャ雪姫

昔々あるところに、それはそれは毛の長い
モジャ雪姫と呼ばれる美しい姫がおりました。

ある日、姫はリンゴ売りに化けた王妃からもらった毒リンゴを食べて
腹痛で臥せって(ふせって)しまいます。


IMGP4970.jpg

─とそこへ、なぜかへっぴり腰の自称王子が現れて・・・

IMGP4974.jpg

おそるおそるモジャ雪姫に近づき声をかけるも

IMGP4976.jpg

姫は起きません。

(あの胃薬ちっとも効かないじゃねいのムッカツクーzzz)
IMGP4980.jpg

これじゃ物語が進まないと困った自称王子は

IMGP4981.jpg

その昔、絵本で読んだとおり(?)姫に目覚めのキッスをすることに・・・

・・・って、えっ!?

IMGP4982.jpg

マジで!?

やめときな王子!

「カっ!」ってくるよ

「カっ!!!」って



IMGP4983.jpg
・・・・・・ちゅっ


お、王子・・・・・・(ホっ



IMGP4985.jpg
いくら待っても起きそうにないから もーいいや

……は!?

IMGP4986.jpg
ボクもリンゴ食べたいからちょーだいオバチャン~~
(毒の入ってないヤツね☆)



しかも王妃役ワタシ!?( ;°Д°)


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今年5月上旬に撮影した写真です。

ご近所猫を含む大家族で育ってきたボーちゃん
持ち前の懐っこさでぽっけとも距離を縮めようとするも

そのたびに彼女にこんな顔→(▼ヘ▼*)をされて
仕方なくトボトボ引き返していたのですが…


ある日、爆睡する彼女におそるおそる近づいたかと思うと
興味ありげに顔をのぞきこんだり
只々、そばに寄り添ってボーっと過ごしたり・・・


そのうち満足したのか「おやつくれ~~」と
こちらに来たのでした。


─つづく─

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボクちゃんの秘密

今年2月の写真より。


IMGP4585.jpg

口内環境が悪いながらもお皿に用意された朝食をほぼ平らげたクロチ

その後ポカポカ陽気に包まれ気持ち良く眠っていると上空から…

IMGP4586.jpg
どすん

謎の巨大隕石

もとい、ボボンがキャットタワーのてっぺんから直に下りてきてびっくり。

IMGP4588(2).jpg
ぎゃーっ なんか降ってきましたよ~~っ

うんうん、びっくりするよね

ちゃんと棚板伝って下りてきてって感じだよね


キミも同じことするけどね。


IMGP4588.jpg

ここであくび写真が撮れたので解説をば。

現在クロチの口内には今までに自然に抜け落ちたのと
昨年の抜歯処置とで歯が10本も残っていません。

これでちゃんとごはんが食べられるの?と思うかもしれませんが

知り合いの猫は全抜歯でも上手にカリカリを食べるし
(というか丸飲み^^;)

「食べたい」という気力があればなんとかなるものなんだなぁと。


加齢によるものなのかなかなか体重は増えないけれど
おかわりを要求するくらい食欲旺盛な彼なので

これからも様子を見つつ好きなだけごはんを食べてもらいたいと思っています。


食欲があるうちは大丈夫という変な確信があるんですよ私には(^_^;)


IMGP4589.jpg
いや~~っ ボクちゃんの秘密が知られてしまいましたです~~っ(ズビっ)


IMGP4590.jpg
恥ずかしいのでボクちゃんもう


IMGP4591.jpg
お口開きません(ズビビ)

いやいや、しっかり開いてチェックさせてね。



【おまけ】
こちらは直近撮影のぽっさん

昨日、半年に一度の健康診断に行ってきたのですが

待合室で8kg近い短毛の大柄キジトラ(3歳♂)を連れたご家族が
隣の席に座って

IMGP5934.jpg

お話を伺いつつ、キャリーバッグのメッシュ部分からはみ出る毛を
ナデナデしながら(いいなーいいなー)と。


ちなみにその猫さんの鳴き声は濁点付きではなく澄んでいました(笑)



【おまけ其の弐】
大のコーシー好きです。

といっても、愛用しているのは本格的な機器から抽出するものではなくて
市販のドリップ式ですが(時間の関係)

今までB○○○’Ksや澤〇コーヒーなどいろいろ試してきた中で
今回レビューを見てクリックしたのがコチラ↓

IMGP6119.jpg

2日(土)に届いて既にいくつか飲んでみましたが
若々しくてスッキリした味わいの飲みやすいコーヒーでした。

各10袋入りですが、たぶん来月早々にはなくなるかも。


さて、次はなんにするべ。


| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

理不尽な稽古

今年3月に撮影した写真より

IMGP4741.jpg

朝食後の稽古に励むMapo部屋の力士たち。

IMGP4742.jpg

いま思えばボーちゃんはこのときから
大関昇進を狙っていたのかもしれない。

この日もなんという技かは知らないが先輩力士を投げ飛ばし
(しかも自分もちょっと「うきゅっ」となってる)

IMGP4743.jpg
/ずっでーーん\


これにて稽古は終了かと思いきや

IMGP4744.jpg

兄ちゃん激おこ。
(そりゃそうだ、いきなり投げ飛ばされたんだから)


これまで見たこともないくらいにシッポを膨らませると
後輩に説教開始。

IMGP4745.jpg
クロチ「いいですかトラ坊 稽古するにもルールとマナーというものがあって最初にお互いちゃんと挨拶をしてから云々(ズビズビ)」


ボボン(長いな…)
IMGP4748.jpg
聞いてますですか(◎`ε´◎ )


聞いてないと思うよ( ̄▽ ̄;



という、先輩力士にとっては理不尽な稽古シーンが
ちょいちょい見られる我が家ですが

その後は毎回ちゃんと仲直りをしているようなので
私も口を出さず見ているだけにしています。


今度やったら許しませんですよ(ズビビ)
IMGP4751.jpg
うん、ごめんな兄ちゃん(それ一昨日も言ってたけど)


弟分にちょっかいを出されても引きずらないのがクロチのいいところ

自分のしたことをすぐ忘れて兄ちゃんに甘えるのがボボンのいい(?)ところ。



【おまけ】
最近カメラを向けると顔をそむけたりこんな顔→(▼-▼*)になるため
(え?それはいつも?)

自然体ならきっとカワユイ表情が撮れるはずと
テーブルの陰から隠し撮りするも…┃[【◎】]qω・´) そっ


IMGP6015.jpg
(▼-▼*)


あ、あれ?


おかしいな。


(そんなぽっさんは本日半年に一度の健康診断に行ってまいります)

| 家猫(2018.10-) | 11:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9年

わかちんをリアルタイムでご存じない方へ。


美少女わかちゃん

わかちん(正式名=わかめ)は
プチかーさんが産んだ最後の子どもの末っ子(3兄妹)で

ボーちゃんととても仲の良かった三毛猫です。


仲直り^^

とても仲の良かっ…


むぎーーーー!

あれ???


まだご近所の餌やりおばあさんが健在だった頃は
おばあさん宅でごはんをもらっていましたが

おばあさん宅の正式な猫ではなかったからか
たびたびおなかをすかせては近所を鳴いて歩く姿が見られたため

ならば、うちでおなかいっぱいごはんを食べてもらおうと
避妊手術をすることにしたのが9年前


手術後の静養期間中に解体専門の「わかめ工務店」を開業し


2010021317353386b_20191102195708793.jpg

外の世界に戻ってからも、その解体技術をいかんなく発揮↓

20100605160819ea9_20191102195703824.jpg

物置小屋に設置したダンボールハウスの入り口が
翌朝倍の広さになっていたことも(笑)


おばちゃんには渡さないわよ!

穏やかなクロチのことが大好きで


いつもより格段に美味しい水

クロチが庭にいるときはそばを離れず
一緒に水を飲んだり芝生の上で昼寝をしたり。
(もちろんうなーさんのことも慕っていました)


なんで笑うのよ

私に対してもはじめはシャーシャーカッカッの嵐が
術後は信じられないくらいスリスリベタベタになってくれたのに

さあ、これからというときに事故でお空へ駆け上っていってしまいました。



おしゃまでお母さんっコで傘で遊ぶのが大好きで

傘だけでなく、皆の心にもポッカリと穴を開けて
たった1歳でその生涯を閉じた彼女の


んーー?


今日は9回目の命日です。

| 家猫(2018.10-) | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |