ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2019年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2019年

たいして更新していませんが2019年を簡単に振り返りたいと思います。


IMGP6428.jpg


4月にぽっけが中期の慢性腎不全と診断され
自宅での皮下点滴と投薬を開始。

点滴は毎晩100cc、
投薬は朝晩のラプロスと貧血防止用サプリ(液体)に夜は+セミントラ。


点滴はおとなしいけど投薬はやっぱり苦手らしく
綱引きの選手のように後ろへ後ろへと下がろうとするぽっけをなだめ
時には失敗(何度も口の中から戻され最終的に薬がとける)もしながら
今日までなんとか9ヶ月。

が、腎臓の数値は横ばいか上昇することはあっても
希望通りには下がってくれず…。


IMGP6427.jpg


実は、ここ最近また食欲が激落ちで
追加で食欲増進剤をもらってきたものの今回はなかなか食欲が戻らず
市販のとろみタイプのウエットをほんの少し口にするだけ。

日課の結界張りも読経もピタリとやんでいます。


IMGP6448.jpg


それでも爪とぎをバリバリして見せてくれたり
私の顔を見て「ナー」と話しかけてくれたりすると

まだまだ大丈夫かな…と。


IMGP6234.jpg


1年ちょっと前までキャットタワーをホイホイ登っていたのが嘘のように
足腰が弱くなりトイレの失敗もちょいちょい増えてきましたが
それが老いというもの。

今までが歳の割にしっかりしすぎていたのかもしれません。

2019年はぽっけがやっとおばあちゃんらしくなった、そんな年でした。




クロチボンにとっては家猫2年目。

特に体調を崩すこともなく
仲が良いのは相変わらずで一年を通してこんな感じでした。


IMGP6438.jpg


クロチは口内炎の薬をやめて10ヶ月ほどになりますが
(苦いのか、ちゅ~るに混ぜても拒否するようになったので)

カリカリもウエットも顔をフリフリしつつ上手に食べますし
これから先どうしても食べられない状態になるまでは
無理に何かをしようとするつもりはありません。


FIVキャリアであることを忘れるくらいヤンチャ爆発なボーちゃん
たぶん今は無症状潜伏期だと思うので
これからもこの状態が続くよう、外部から病気を持ちこんだり
ストレスを与えないように注意したいと思います。

2019年はクロチボンにとって外敵とも寒暑とも無縁な
安全・安心な年だったと思います。



最後にワタクシですが、今年のGW直前に左手が橈骨神経麻痺になり
サポーター無しの生活に戻るまで半年ほどかかりました。
今も握力は完全には戻っておらず夕方になると手首がしんどくなってきます。

イメージとしては幽霊が「うらめしや~」とするあの手で
手首がだらんと下を向いたまま力が入らなくなるんですが
診察時の握力測定では右手の35に対し左手は握力が3しかなく
トイレットペーパーすらつまめないほどとにかく力が入らない。

ぽっけの自宅皮下点滴が始まった月だったので
皮膚に刺した針をつまんで支えるのに本当に苦労しました。


原因はいろいろありますが、私の場合は昔からある手首のガングリオン※が
何らかの衝撃で潰れてそれが手首の神経を傷つけたのではないかと。

※関節周辺にできやすい良性の腫瘤
ガングリヲン
なんだか某アニメのように名前をつけたくなりますが…

ちなみに上記は現在の左手首です。

自然破裂したガングリオンは再発しにくいとネットにあったのですが
私の場合はいつの間にか復活しとった(>_<)

ということは、再び橈骨神経麻痺になる可能性があるということなので
潰さないようにしないと(ё_ё;)ヤダナー


それから、これも昔(子どもの頃)からある右足の外脛骨ですが
今まではぶつけたりしなければ痛くなかったのが
ここ数か月で何もしていなくても鈍く小さく痛むようになり

調べたら、どうやら有痛性外脛骨のようで…。


外脛骨


手術するとなると1週間以上入院が必要とか。

もちろんそんなに会社を休めないし猫たちを置いて家を留守にできないし
幸い我慢できないほどの痛みではないのでこれも様子見です。

私にとって2019年はいろいろと体にガタが出始めた年でした。

24歳なのに…。


IMGP6450.jpg
なんか言ってら


7月にブログを再開し、後半は失速してしまいましたが
こうしてまた始めようと思える日がきたことをうれしく思います。

来年はもう少し更新の回数を増やせたらいいな。


IMGP6452.jpg
なんかドキドキしてきた…


今年の更新は本日が最終、次にお会いできるのはお正月です。

それでは、ボーちゃんはこれからお歌の練習に入りますので
これにておさらばです。


IMGP6455.jpg
あ~ 久しぶりだし 歌詞思い出せっかな~~


みなさま、良いお年を。


| 家猫(2018.10-) | 17:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

食欲不振と復活

前回の更新後からガクンと食欲が落ちてしまったぽっけ

療法食はカリカリ・ウエットともにまったく口にせず
市販食もカリカリはダメ、かろうじて少量のパウチやちゅ~るもどきは
なめてくれるけど完食とまではいかず
朝用意したごはんがそのままお皿に残っていることも。


強制給餌をしたほうがいいのか迷ったのだけれど
一応、自分から食べようとしてくれるし
グッタリというわけではなく歩き回ったりはするので
ちょうど数日後に定期検診も控えていることだし
そのまま様子見ということで

それまでなんでもいいから彼女の好きそうなウエットフードを買ってきて
ほれ食え、やれ食えとヾ(ё_ё;)


IMGP6512.jpg


突然の食欲不振

考えられるとしたら活性炭の服用により便秘気味で
1週間ほどウンチが出ていなかったことか
(便秘からくるものなのか泡のような嘔吐も2回あり)

もしくは腎臓の数値の上昇・・・と思っていたら

両方ビンゴだったようで(TωT )


IMGP6516.jpg


まず、病院へ行く直前に踏んばって
久しぶりに豆粒大のコロコロウンチをしたかと思ったら
すぐまたトイレに入って今度は緩めの固形ウンチを2回連続。

その後、病院で血液検査をしたところ
BUNは前回より少し下がっていたもののCreが大幅に上昇。
体重も2.9kg→2.6kgまで減少。

Cre 7.1mg/dL(前回11/4 4.4mg/dL)基準値0.8-2.4
BUN 73mg/dL(前回11/4 88mg/dL)基準値15-36
(検査日2019/12/15)


たぶん、これらが食欲不振の要因ではないかということで

食欲増進剤を2回分処方していただき
皮下点滴については夜の100ccに加えて
様子を見ながら朝も50cc注入することに。


食欲増進剤が効いたのか今週初めから徐々に食欲が戻り始め
毎回完食とまではいかないけれどカリカリもウエットも食べるようになり
体重も今朝量ったら2.8kgまで増えていて(゜▽゜)

ウンチも活性炭を中止したら量こそ多くはないものの
1日置きくらいに出るようになり
点滴の回数を少し増やしたからか、なんとなく体も楽そうで



それまでやんでいた読経が再開しました。



いやー、食欲が落ちてから鳴かなくなっていたんですけど
しんどさから解放されたからか
「ナーナー」とそれはそれは元気に復活(^^;)

まあ、元気だからこそ鳴くこともできるわけだし
しんどくてうずくまったままの姿を見るよりはずっといいし
何よりそのほうがぽっちゃんらしいというか。


某アニメ映画の主人公も言っています。
「鳴かねぇぽっけはただの猫だ」と。


IMGP6519.jpg
紅の豚か!


がんばって数値下げようね、ぽっちゃん



【おまけ】
本日午前中のぽっさん

IMGP6524.jpg
おやつまだー?


あっちをウロウロ、こっちをウロウロしては
なんかちょーだいと話しかけてくるので

お皿に残ってるごはん食べてからねと言ったら


IMGP6525.jpg
めんどくさー◎★%△&※…

何やらブツブツ言いながら寝室に引き返していき
今はマカロンベッドでぐっすり眠っています。



【おまけ其の弐】
そこの白黒い御方に質問です。
ドーム型ベッドがガムテだらけなのはなぜでしょう?

IMGP6505.jpg
わかりません(ズビ

正解したらおやつをあげましょう。

IMGP6506.jpg
ボクちゃんが乗るからでぇ~~す(ズビビ

正解(回答早っ)


それでは、なぜ乗ってはいけないのか?
ピカチュウしっぽくん。

IMGP6511.jpg
1.上に乗る→ベッドが潰れる
2.ベッドの天井が兄ちゃんのよだれ付き毛布にくっつく
3.ベッドがよだれ臭くなる(ついでにボクもにおう)


大正解。


洗濯すれば済むことなんですが
今の時期は簡単には乾かないし替えのベッドもないので
やむを得ずガムテでガードしています。


ベッドの中はふかふか毛布の下にホッカイロを敷いてあるのに
なぜだか彼は上に乗りたがる不思議。


| 家猫(2018.10-) | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もしもお皿がカラだったら、それはきっと

ベランダで窓越しに朝日を浴びるボーちゃんを撮影していると
ぽっけの読経が聞こえてきたので

今日も朝から元気だなぁと
撮影した写真を確認しながら寝室へ行くと…


IMGP6301.jpg

ぽっけろびの遺影に向かって鳴いているところでした。


たまに下のBOXの角にゴリゴリ頬をこすりつけていることはあっても
こうやって話しかけているような姿を見るのは初めてなので

「なに話してるんだろう」と
ニマニマしながらファインダーをのぞいていると


IMGP6302.jpg
はっ 見たわね!


うん、見たよ

なに話してたの?


・・・・・謝ってたのもん(ボソ
IMGP6303.jpg
ろび太のお水ひっくり返したこととか
お供え物のカリカリひっくり返したこととか


そういやあったね、そんなこと。


留守中にろびの水やお供えのカリカリが器ごと床に落ちていて
水浸しやカリカリだらけになっていたことが何度かあったので
それ以来、置くのは月命日だけで普段は置かないようにしているんだけど

だからかな

「あ、今日はちょっと多いかも。ぽっちゃん残していいからね」
という量のぽっけの朝ごはんが、帰ってきたら空っぽの
お皿ピカピカになっていたりすることが時々あるのは。


IMGP6139.jpg
・・・あとで食べようと思って起きたらカラだった


きっと、おなかがすいたろびが食べに来たんだと思っている。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


いやー、逆走エスカレーターで下まで戻ってしまいました(^^;)

もう大丈夫と思っていても何かのタイミングでいろいろ思い出してしまう。

でもこの感情に逆わず、ゆるゆると生きていこうと思います。



ろびが旅立った翌日は祝日(勤労感謝の日)だったので
ろびが好きだった開かずの間にて皆で半日ほど過ごしました。


今日はポカポカだなぁ
IMGP2616.jpg
会いに来てくれたボーちゃん(2017/11/23)

いま思えばこの一日は私にとって必要でした。

数日後にはこの世から消えてなくなるろびの体とまる一日過ごすことができて

一日かけて心の準備をすることができて

その時間をあのコはくれた。

よい時期に逝ったのだと、今ならそう思えます。


IMGP2619.jpg
それにしても1122(ワンワンニャンニャン)の日だなんてギャグみたいなことを


ホントすごい確率(1/365)だよね

ろびらしいというか(笑)



【おまけ】
冒頭で撮影した日出処のボボンです。

IMGP6298.jpg

3匹の中でまだ一度もベランダに出たことがないのは彼だけ。

一番手のぽっけは隔て板の下をくぐって隣へ逃走しようとしたので
シッポをつかんで引き戻し

クロチは呼んだら「あ、ココ床の続きじゃないんですか?^^」
みたいに普通に戻ってきました。

新居に来てまだ間もない頃
脱走防止用フェンスのない和室での出来事です。


以来、和室からベランダへ出るときは非常に慎重になりました (; ・`ω・´)



ナナさん江
更新時間に6:29が多いのは予約投稿だからです。
今は書きたいときに書いているのでゆっくり予約投稿できますが
この先、毎日更新するようになったら
以前みたいに更新時間がバラバラになるかもしれません。

ちなみに語呂合わせで629(ろびくん)です。
昔この数字でナンバーズ3のストレート(1等)が当たったこともあるんですよ。

| ろびんとぽっけ | 13:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |