ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

猫について考える。

     おや、ろび太大先生。
     今日はどちらへ行かれるんですか?


     あのね~、ねいしゃんがおいしいもの食べに行こうだって
     384288車
     ・・・きゅうり?


     そして着いたのは、県内にある某ホテル


     話がちがうじょーー!
     384286robi8.jpg
     フフ・・・ぱかめ。まんまとだまされたか。


     今日私達がやってきたのは、いきつけの猫雑貨&プチカフェの店長さん主催の
     
     座談会会場。

     そこへ普段お店に来るお客さん(常連さん)たちが集まり、“猫の飼い方”を始め

     “地域猫”“保護猫”について意見を交換しあうというものだった。

     猫の参加もOKとのことなので、我が家からはろびくんが参加。
     
     部屋は地元情報誌のカメラマンさん2名を含め、

     総勢16名6匹のニャンコの熱気で包まれた(* *;)久々に汗かいたよ~
    
     (ぽっけは尿路結石のためストレスを与えてはいけないのでお留守番)

    
    
     うわあ~、みなしゃん初めましてなのだ!
     384286robi1.jpg
     な~んて、実際はすごくビビッてましたのよ~

     
     
     私たちは普段から、についていろんなことを考えている。
    
     そしてそれは、時として不安の材料となり、私達に行動することをためらわせる。
     
     そこで開催されたのが、今回の意見交換会だった。

      
     enn.jpg
     忙しく働くえん部長お店の看板猫のひとりだ。
     (社長のとらじくんも、店長さん(ママ)を椅子代わりに皆を取りまとめていた

     
     山梨県内における犬や猫の殺処分に対する対応の遅れ(残念だが、山梨県は
    
     人口に対する犬猫の殺処分の割合が全国でもワースト上位だ)を改善するには

     どうするべきなのか?

     また、外飼猫のありかたについて、地域の方々とうまく譲り合いながら

     どう付き合っていくかなど、様々な意見が飛び交った。

     
     みなしゃん真剣なのだ・・・
     384286robi10.jpg
     肉球いっぱいに汗をかいてキャリーに篭城するろびくん。
     手前は本日のもうひとつのイベントで作ったおもちゃのボール。


     その中で保護猫について話題がおよんだとき、

     皆保護はしたいけど、なかなかその勇気が持てずにいるということがわかった。

     そう・・・ひと口に猫の保護と言っても、実際はそんな簡単なものではない。
     
     里親を見つけるまでには、時間も経費もかかる。

     なによりも、もしも保護猫に飼い主がみつからなかった場合・・・そのことが、

     保護を躊躇させてしまうのだ。
    
     私も昨年の夏、2度にわたり計6匹の子猫を保護した。
     
     (保護したなんて言葉は、おこがましくてあまり好きではないのですが・・・)

     もちろん、すぐに保護をしたわけではない。

     しばらくその場に立ちすくみ、悩みに悩んだ。
 
     だって、うちには内外合わせて5匹の猫がいる。

     もし、里親探しがうまくいかなかったら、果たしてうちで飼うことができるのか・・と。


     帰りたい・・・
     384286robi5.jpg

     結果として、私は保護をした。

     目の前にいる罪もないのに捨てられてしまった子猫たちを置いて家に戻ることなど
     
     できなかった。


     フルコースまだ・・・?
     384286robi7.jpg
     ちょっとお口にチャックしてて下さい。


     (まあ、もともとなんくるないさー的な性格っていうのもあるけどね~)

     もし子猫たちに里親さんがみつからなかったら自分で飼う
     
     その決意は私に背水の陣を敷かせ、運良く保護した6匹のうちの5匹が里親さんに

     めぐり合うことができた(残念ながら1匹は保護間もなく、お星さまになりました・・・)

     もうすぐがやってくる。

     もしかしたら、再び子猫に出会うかもしれない。

     それは私だけでなく、今日参加した誰にも言えること。

     そのときのことは、各々がよく考えて対処すればいい。

     保護するのが優しさならば、保護しないのもまた優しさなのだ。

     辛いけど、それが自然の掟・・・

     ただし、一度保護すると決めたからには一人で悩まず周囲に相談をして、

     精一杯愛情努力をもって里親探しをするべきだとも思う。

     
     ボクのパパとママも、ボクを保護するときいろいろ悩んだと思う。
     384286may.jpg
     参加猫さんのひとりメイたん。帽子がトレードマークのおしゃれな男の子だ。
     とってもフレンドリーで、写真コンテストで優勝したこともあるんだよ



     今回こういった場を設けて下さった店長さんには

     大変感謝しています。

     また機会があったら参加させて下さいね

     可愛い猫さんたちにも会えたし、余は満足じゃ。


     オイラもうだまされないじょ!絶対行かない!
     384286robi11.jpg
     あ!次回はマタタビおむすびが出ますだって!ろびくんも行く?


     行くーー!
     384286robi4.jpg
     (フッ、単純なヤツめ・・・)




     
     ろびくん、今日はお疲れ様でした。




     参加猫中、ろびだけが地響きのような鳴き声でした・・・
     人気ブログランキングへ
     にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

     懇談会

| ろびんとぽっけ | 21:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |