ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

家猫修業11日目。

家猫修業中のしーちゃん
今朝起きると、レオタード(保護服)から片腕が完全に出てしまっていて
まるで遠山の金さん(桜ふぶきが目にはいらねぇか!)みたいな
格好になっていました。

しーちゃんよ、いつから時代劇好きになったんでい?


ほんとは暴れん坊将軍のほうが好きなんだけど
暴れると傷口によくないっていうから。。。

怪しい人形と。
(背後の人形は無視してください。=ω=;)


お外は涼しそうだねぇ~
外が気になる。

1年以上も外で暮らしていたコのこと、
そう おとなしくしているはずがないだろうと思っていたら、
とんでもない!

ときどき鳴いたりするものの、爪とぎやじゃらし棒で遊んだり
床に寝転んで左右にコロンコロンしてみせる姿は、まるで家猫そのもの。

こりゃあ、なかなか素質があるんでないの~~( ´艸`)


どーでもいいから、この変ちくりんな服をなんとかしてよ
ココが好き。

可愛いなぁと思ったのが、
1階へ降りる途中で保護部屋のドアを閉め忘れたことに気づいて戻ると、
入口の陰からしーちゃんが、顔半分だけ出してこちらを見ていたこと。

この部屋から出てはいけないんだって、ちゃんとわかっている様子でした(*^^*)


しーちゃん、生(本物のネズミ)がいい
本物のネズミのほうがいいな。

日中と就寝時はケージに入ってもらい、
私が家にいるときは自由に部屋を使ってもらっています。
トイレ掃除が珍しいのか、隣で眺めているのが また可愛くて・・・( ´艸`)

レオタードが下にずり落ちるため どうしてもオシッコがしみてしまい、毎日お洗濯
(乾燥中は手作りのエリザベスカラーを装着)
でも、着せるときも本当におとなしくて、ちっとも手がかかりません。

ただ、頭をなでようとすると たまにビクッとすることがあるので、
そういうときはアゴのあたりから徐々に手を上に持っていき、
そっとなでるようにしています。


へーんちーくりーーんな、ふ~く~はぁ~♪
本物のネズミのほうがいいな。2
きっつ、き~ぃ~つ~だよ~~♪


あと3日の辛抱だってば(ノω`*)



ろびたちが見向きもしない冷え冷えボードを 使ってくれるしーちゃん。
  
どうか素敵な里親さんと出会えますように・・・


顔が少しふっくらしてきました。

| 保護猫 | 16:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Debi is my dog.

ここは猫ブログだけど、今日は犬のお話。



デビおばしゃん 元気れすか
おばしゃんがお空に行ってから 今日で3年が経ったのれすね

愛しのデビ

あの日 お人形さんみたいに動かないおばしゃんの横で
ねいしゃんは 泣きながら添い寝していましたのだ

気になる天井

オイラもぽっけも どうしたらいかわかんなくて
キッチンのテーブルの下でまるくなってたら

それを見たねいしゃんが また泣いて

浅田飴

おばしゃんが天国に行ったと知ったのは
それから しばらくしてなのだ



おばしゃんのおうち まだお庭にあるんだじょ
雨の日に ときどき雨宿りをしているニャンコしゃんがいますのだ

クロチしゃんも うさしゃんも ちゅびぃしゃんも
みんな元気れす

3兄妹勢ぞろい

おばしゃんがお庭に放してもらっているとき
オイラたち よく追いかけられたねぇ

オイラなんて いつもお尻をなめられて くすぐったかったんだじょ

なんでオイラのお尻ばっかなめるのか 聞こうと思ってたのに
おばしゃん いなくなっちまったから・・・

入院当日

デビおばしゃん ありがとう
オイラたち ワンコしゃんは苦手だけど
デビおばしゃんのことは うんと大好きだったじょ

またいつか みんなでお庭で遊ぼうね

でも オイラのお尻はなめないでね

約束だじょ

ろびより



  


デビ(♀)永眠 享年15歳
今日は、私の宝物だったコの命日です。
上の写真は亡くなる10日前、ラストの写真は入院当日の写真。
この翌日、息を引取りました。
とても優しい性格で、門を閉めて庭に放してあげると
楽しそうに テッテケテッテケ♪と猫たちのあとをついてまわり、
とくにろびんなど、しょっちゅうお尻をペロリンされていました(笑)
私の一番悲しかった夏。
猫たちがいてくれたからこそ、立ち直れた気がします。
今日はきれいな花を買って、デビに会いに行こう。


※夕方もうひとつ記事をアップしますので、よろしかったら どうぞご覧くださいませ。

| ねいしゃん@管理人 | 12:40 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |