ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

性格は飼い主の愛情で決まる。

先日ちゅびぃを探しながら ある家の脇まで来たとき、

今は手入れが行き届かず草だらけになっている“その場所”を見て
幼き日の記憶がよみがえった。


まあ それはあにかちら
女王君臨


細い道路沿いに面したフェンスの向こうには、
家屋とフェンスの狭い空間につながれた長毛で凶暴な1匹の黒い犬がいて、

人が通るたびにキバをむいて飛びかかろうとするのである。


長毛で凶暴・・・
貫禄
あたちとは大違いだわ

・・・。(=ω=;)


小学校の低学年だった私は、その道を通るたびに
呼吸を整え、一直線に猛ダッシュ。

案の定、それまで伏せて寝ていた凶暴くんが ガバッと跳ね起き
「ワンワンワン!」と吠えまくりながらフェンスにガッ!

「今日こそは これで応戦してやる!」と手にしたリコーダーや給食袋の存在など
すっかり忘れ、

ランドセルを横にブンブン揺らしながら、とにかく必死で逃げ帰った。



ぬかるんだ田んぼに足がハマったのは そのせいなのね
やることなくてちゅまんない。
ちょっと落ちてみたさ (・・。)ゞ


私のような常連(?)はともかく、あの犬の恐ろしさを知らない人が 
うっかり「ワンちゃ~ん」なんて近づきでもしたらと思うと・・・(・ω・;)


だから私は思った。
飼い主は凶暴くんを庭へ移動させるか
もしくは、

せめてあのフェンスに



なんら これ
誰のこと?


注意書きを貼っておくべきだったと・・・。


今思うと飼い主から愛情をもらっていなかったんだろうね。
  
でなきゃ、あんな狭くて陰だらけの場所に犬をつなぐはずがないもの ・・・


ちなみに凶暴くんを知るのは、私と ごく一部の同級生だけ。
なぜならその道は登下校用の道ではなかったから。
いわゆる近道ってやつ(先生にはナイショ)



ちゅんちゅんへ :
先日買った新しいベッド、
ちゅんちゅんが戻るまでおろさずにいようと思ったのだけど、
クロチ兄ちゃんの鼻水がひどくなってきたので封切ってもいいよね ・・・ (・ω・、)

| ねいしゃん@管理人 | 18:19 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |