ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

つい向かってしまう場所

ペットショップ
(かかりつけの病院の分院が併設されている)
へ行くと

必ずと言っていいほど向かってしまうのは
猫ベッドコーナー。


My部屋にある猫ベッド 其の壱
「リラックマベッド」

トモ・・ダ・・チ
販売価格3980円の25%OFFに惹かれ悩んだ挙句に何度か通ったが、
残り ひとつになっていたため慌てて購入




其の弐「うずらベッド」
むいーんポーズ
保護猫うずら用に急遽購入。うーちゃんが巣立ったあとは外猫用にと考えていたのだが、
思いのほか ろびんとぽっけが気に入ったため そのまま使用。
「うずらベッド」と名づけたパイナップル型のベッド




其の参「いちごハウス」
はみ出る族
998円の格安ベッド(^^;)ドーム型で温かいため、冬場は巣籠り率高し。
赤とピンクの2色あったが、赤色は2月に ご近所猫たちが風邪にかかって
保護部屋にて療養したときに進呈。その後破壊されたため、やむなく廃棄となる




其の四「いちごベッド(夏用)」
なんら、ちみは。
山梨動物里親の会のモモコママさんがプレゼントしてくださったベッド。
主に ぽっけが愛用しているが、ときどきろびくんも こっそり入っている




其の五「おとさんベッド」
出るなら出なさい。
クマの形をしたベッド。ろびくんに似ていたため即購入(20%OFFだったのも後押し)。
はじめはクマさん(ベッド)に食われるんじゃないかと警戒していた ろびだったが、
今では安心して(?)食われている(ёωё;)

命名はHummingママさん



狭い部屋に これ以上ベッドを置けないのはわかっていても、
可愛いベッドを見ると、「くぅぅ~~っ(≧ω≦)」となってしまう。

on my 腹


逆にペットショップで行けないのは生体販売のコーナー。
売れ残った犬猫の末路を考えると、とても。。。


あごのたるみが気になる

ちなみにホームセンターに行った際も、つい向かってしまうのがペット用品売り場。
買い置きがしてあるのに外猫用のフードを また買ってしまったりする。

一昨日は洗濯洗剤とティッシュを買いに寄ったつもりが、

じゃらし棒とモンプチ缶(3缶1パック)とティッシュを買って
洗濯洗剤を忘れてきてしまう。

ペットコーナーへ行った時点で本来の目的を忘れるという
なんとも不思議な この心理。


ランキングに参加しています
  
ポチ♪っと応援よろしくお願いします

※1枚目の写真のみ過去ログから使用

| ろびんとぽっけ | 21:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |