ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1年9ヶ月

ご報告が遅くなりましたが、8月8日(日)、1年9ヶ月ぶりに
2歳になったラッキー(元保護猫うずら)に会ってきました。


まず最初に、別荘風の素敵な里親さま宅に着いた私を
2階の窓からパパさんと一緒に出迎えてくれたラッキー
いきなりの対面に驚いた私は、シートベルトがはずれていないのに車を降りようとして
ひとりもがいていました(^^;)ゞ

夢にまで見た再会・・・


ラッキー
ラッキー




おばちゃん 誰ー?
Lucky.jpg


こんなに立派な若者に成長していました



ボク この人知ってる気がする・・・
記憶思いだし中・・・




むーん…
思考中は寄り目になっちゃうボク


「・・・久しぶり。元気にしてた?」




会って一番最初に発した言葉が、「大きくなったねぇ~!」
(山梨の方言で言うと、「てっ!大きくなったじゃんけ」)


ボス猫の血を引くだけあり、ラッキーは体重5.6kgの立派な男の子に成長していました。
ろびめるで大柄な猫を見慣れている私ですら、「うわ大きい!」と思うほどです。

私のことは さすがに覚えていない様子でしたが、それでも奥さまいわく
「声で わかっていると思う」


・・・ほんと?ほんとに私の声を覚えている?

だとしたら、うれしいな(*^^*)





ラッキーが いつも見ている風景です。
ラッキーが見ている風景
(裏庭にある林も所有地なんだとか。すげ~ ^^;)



耳を澄ませると聞こえてくる、サラサラという木々の音・・・
ラッキーが見ている風景3



林の真ん中には小川が流れ
中央サラサラ小川



木にくくり付けたエサ箱には鳥たちが集まる。
中央に鳥のえさ台



ラッキーはここで、景色を眺めたり、お昼寝をしたり、鳥を観察したりと、
自然に囲まれた環境で、里親さまの惜しみない愛情のもと伸びやかに育ちました。

私ね、ここに うちの外猫たちを連れてきたら、みんな大喜びで木に登ったり
走り回るだろうなって、本気で思いました(笑)

それくらい素敵な環境だったんです。


間違い探しだよ
窓に映るは分身か
次の写真に 一箇所間違いがあるから 当ててよね




これと
考え中のボク




これ
へへ♪




へへ♪ どう? わかった?
眠いなー




ちなみにボクには わかんないよ
チラ
おいおい(^^;)



ラッキーはいつも お昼ゴハンを食べたあと昼寝をするそうなのですが、
この日は私が来るからと、パパさんに「しっかりホスト役を務めなさい」と
前日から言い聞かされていたそうです(笑)


そのおかげか、ラッキーは私が持参したおもちゃを紙袋からくわえて取り出し
広い室内を縦横無尽に“ひとりサッカー”

多分、「変だな変だな。いつもならボク、この時間は寝てるのに」と思いつつ
おもちゃで遊ぶ可愛い姿を、乳母である私に披露してくれたのでした。



パパー ボクもう眠いや
こっち見んなー
パパさん「だめだよラッキー。がんばって」




わかった! ボクがんばる!
眠くなんかないぞ!




がんば……(トロン)
目がトロン・・・



お昼は自家栽培の野菜をふんだんに使った奥さまの手料理とパン(激うま!)に
舌鼓を打ちました。

実は、私のために一週間前からハムやベーコンの燻製を作ってくださっていたパパさん。
お招きいただけるだけで感激なのに、わざわざ手間隙かかるものを・・・

その味は素晴らしく美味しく、
歯ごたえのある肉
燻製の香ばしい香り
猛暑の今夏にふさわしい、少し強めの塩加減と

日頃スーパーで売っているものしか食べたことがない身には
目ん玉が飛び出るくらい本当に美味しかったです。


栽培している野菜の数はすごいですよ~。覚えているだけでも
トマト、セロリ、パプリカ、アスパラガス、じゃがいも、クレソン、ゴーヤ
ズッキーニ・・・(まだあるが思い出せない)

思わず私、「ここ(家)で野菜の即売所をやったらどうですか?」って
言ってしまいましたもん(^^;)



おみやにいただいた品々。
左から時計回りに、燻製ハム、燻製ベーコン、自家製食べるラー油と桃のワイン煮。
手作り燻製ハム、ベーコン、食べるラー油、桃のワイン漬


この他パパさん手作りのバナナケーキもあったのですが、
あまりの美味しさに、写真を撮る前にたいらげてしまいました (ё∀ёA;)アセアセ…
ご夫婦そろって本当にお料理上手です!



そしてこの日は、もうひとつサプライズが。
パパさんとママさんが、当ブログにリンクさせていただいている“いんやん!”
(旧 北瀬あきのスケッチブック)の あきさんをゲストに呼んでくださっていたんです。

ほんわか優しい雰囲気の あきさん。
話し上手で可愛らしくて、とっても素敵な方でした。^^

北瀬あきさんに いただいたアクセサリー
あきさんが私に作ってくださったアクセサリー。
淡いピンクとグリーンの めのう(?)が、あきさんらしい素敵な色合いです。
あきさん、ありがとうございました。





楽しい時間ほど過ぎるのが早く、あっという間に帰りの時間になってしまいました。


う゛~~~っ
これはボクんだ!
パパさんの命を受け、ちゃんと起きているラッキー(笑)




へその緒が付いたまま捨てられていたラッキー

ボクは赤ちゃん



毎日、
「生きて!」
「生きて!」
「生きて!」と願った

2年前の夏。



クマおじちゃんは 元気?
鳥がいたー!



里親さまの、「ラッキーがいてくれて本当によかった」という言葉に
その場ではガマンしたものの、


帰りの車の中で少し涙が出てしまいました(;ω;)


うーちゃん、・・・・うんにゃ、ラッキー


またね。
また会おうね。


スリスリしてくれて、ありがとう。


ランキングに参加しています
  
ラッキーより更に2kg多いクマおじちゃんに
ポチ♪っと応援よろしくお願いします

| 里子便り | 22:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |