ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

休止中の様子①(ろびん&ぽっけ)

あの日私はデスクワークの真っ最中だった。
ふいにジャラジャラと鳴り出すブラインド、
事務所前に停まる車が前後に激しく揺れ、
電線が大きく波打つ。

・・・なんだ、この地震。
いつもと違う・・・やばい。



漢字ばかりで読めないのだ…
売り上げの一部は義援金になるそうだ
                                        ひらがなでも無理でしょ



多分、もの心ついてから経験した一番大きな地震だったように思う。
震度5弱でこんなに揺れるものなのか。



1点ってことは
ヤマザキ春のろび祭り



ろびんぽっけは、外猫たちは無事だろうか?
築35年のMapo宅、大きな揺れがくれば倒壊する自信はある。
(そんな自信はいらんのだが)

まさか、自分が不在のときにこんなことが起こるなんて。



オイラ しゃくえん(100円)のパンってこと?
お皿と交換



定時であがり、母に頼まれていた父の流動食を薬局に取りに行ってから
両親のもとへ。
母から私たちの住む市は震度4だったと聞き、少しホっとする。

いやいやいやいや、わからんぞ。
老朽化により、既にあちこちストライプ模様が入っている我が家のこと。
2階建てが平屋になっているかもしれない。
門塀も崩れて解放感たっぷりな光景になっているかもしれない…。



1点じゃ お皿もらえないじょ…
1点


薄目を開けながら恐る恐る角を曲がると、
視界に飛びこんできたのは元気よく駆けてくる外猫たちの姿。
大きくひび割れしたものの門塀も崩れてはおらず、
家も2階建てのまま(^^;A)


おうちが揺れたのは ろび太のダイブのせいじゃなかったのね
チラっ



翌日あらためて災害のすさまじさを知る。

家が、車が、まるでおもちゃのように押し流されていく映像。
がれきの野と化した光景に、呆然と立ち尽くす人々の姿。

地震だけであったなら
津波さえなかったら



そう思うとくやしくて、
私は泣きながらふすまを張り替えた。





・・・そしたら、ふすま紙は曲がるわ空気が入ってうだうだになるわで
もう一度貼り直しorz



オイラのお手々貸しまひょか
この手を守りたい



どうか、被災した方々の心から希望の光が消えませんように。
そして原発で取り残された動物たちが、1匹でも多く家族と再会できますように。



負げるな とうほぐ
負げるな オイラ

どアップに耐えられますか?
【ほぼ原寸大】



エイエイオー
夢見るスモウレスラー


あんたは誰に勝とうとしてんのさ( ̄ー ̄;

| ろびんとぽっけ | 07:30 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |