ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

深夜のひとコマ

たとえば深夜トイレに起きたとき、
まさかこんな時間に~と思いつつ、そっと玄関を開けると…

いた(ё∀ё;)

うさぎボーちゃん

朝だよ、おなかがすいたよ


小さい家なので、階段を下りる音やトイレの開閉音が
物置で眠る2匹の耳に届くらしい。
(クロチは夜中ほとんど家にいません)


玄関前で‘ちょこん’と座っているのがいじらしく、
2匹を物置まで送って少量のカリカリをあげたあと
「おやすみ」と声をかけ家の中に入ろうとして ふと後ろを見ると


オバチャンのやつ、どこに隠れたー


─ またいる。

「まだ朝じゃないよ。もう少し寝てな」と再び2匹を物置まで送り、
玄関を開けようとして ふと足もとを見ると…(¬ω¬;)チラ

いる、やっぱりいる(笑)

何度送っても、私が引き返すとついてきてしまううさぎボーちゃん

そんな様子がおかしくて、私は声を殺して笑いながら
じゃらし棒をブンブン振る。


あー、いたー!


兄ちゃんずが そろって不在の夜もある。


兄ちゃんず出動!


そんなときは、ひとり玄関前で待つボーちゃん
物置へ送っていくとやはりうさぎはおらず、猫ベッドがほんのりと温かい。


ボクは猫


遠出することを知らないボーちゃんが ここでひとり寝ていたかと思うと
ちょっと切なくなってしまう。


へへ♪ これはボクんだ
塀の上


だから じゃらし棒を振る。


ジャブ=)) フック=)) 
おけつプリっ


眠いけど振る。


ダァーーーーっ
かかってこいやー!


深夜でもブンブン振る(笑)


・・・あ、兄ちゃん帰ってきた!
どこか上の空


・・・でも、いいのだ。


おかえり兄ちゃん♪
兄ちゃん~♪
どこ行ってたんだよ~~


キミたちが、とても楽しそうだから。


ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします
  にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ


| 外猫 | 06:29 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |