ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スタート地点(+追記)

昨日のろびの血糖値測定の結果は「159」だった。
(インスリン投与後6時間の値)

いつもお世話になっている担当の獣医師さん曰く、「ちょっと低い」とのこと。

う~~、、、7×7で噛みましたじょ…
障害物はテーブルの脚
センセに かっこいいとこ見せようと思ったのに…クスン

現在のろびのインスリン投与量は、朝2.5単位、夜3単位。
(単位=インスリン量。注射器のひとメモリが1単位)

元々ろびの体型からして3単位あたりから始めてよかったのが
バリケード、いや、デリケートな体質ゆえ
投与初期は血糖値がなかなか安定せず低血糖状態に陥ってしまうということで
0.5~1単位から自宅投与を始めたのが5月末のこと。

その後も不安定な血糖値を叩き出し
少しずつインスリン量を増やすも↑↓の激しい日々…

それは、ろびの体がインスリンに慣れてきて
従来の量では効きが充分ではなくなってきたから。

今、ようやく本来のスタート地点に立ったのかもしれない。


センセ…オイラもう一度、1の段からやり直しますじょ…
玄関にて
今度こそ7×7で噛まないように

担当の女性獣医師さんが毎回緊張をほぐすためにくださる
糖コントロール(糖尿病用フード)のサンプルが楽しみなろび

以前なら外出先で何かを食べるなど絶対なかったろびの変化に
うれしいというか、ジェラシーというか(^^;)

まだまだ多飲多尿で水くれコールのリサイタルは激しいし
トイレのある1階で寝ていることが多いけれど

いつかまたブヒブヒ鼻を鳴らしながら枕元で寝てくれる日がくると
淡い期待を抱いたりする。



・・・断捨離の邪魔をするぽっさん

ゴソゴソ))
掃除のジャマをするぽっさん

ろびと一緒にセンター病院に行った昨日、
結膜の炎症が激しく、眼軟膏を処方されて帰ってきた。

ブレブレでも採用!

イヤイヤしながらも軟膏を塗らせてくれるぽっさん
早く炎症が治まりますように。


【おまけ】
ろびぽ通院のため、ケージに入れられるなお吉

なおきトゥー

ちょっと病院に行ってくるから、お留守番しててね。

イケ麺

なんでドヤ顔なの?



毎日ドヤ顔な保護猫なおちゃんの里親さんを募集しています
なおちゃん

ハンデはありますが、遊ぶの大好き、ポジティブで元気な男の子です。
どうぞよろしくお願いいたします。

詳しくはコチラ→

*** お問合せはお気軽にどうぞ ***
(ちょっとした疑問・質問なども遠慮なくお問合せください)

下記の里親募集サイトにも登録しています。

いつでも里親募集中
登録番号 C184622 山梨県

ペットのおうち
募集番号 9976



【おまけ其の弐】
今日も二人三脚の練習に忙しいうさぎ保育園のみなさん。

しっぽピン!は親愛の印

要するに、兄ちゃんずが大好きなボーちゃんなのだ。


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

≫ Read More

| ろびん(肥満細胞腫・糖尿病) | 07:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |