ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

離乳食開始

成長著しいちび姉妹。

ハイジ(左)とクララ
1 ちび姉妹

ここ最近、簡易トイレやバスタオルをガジガジしている姿をよく見るので
ん?と思ったら

保護時は地面から顔を出し始めたばかりのタケノコのようだった歯が
ここ1週間で随分しっかりしてきていた。

2 小さなキバ

ちょうど風邪薬も終わったことだし、ぼちぼち離乳食を始めてみようかと

カルカンパウチ子猫用をスプーンでさらに細かく砕いて
少量のお湯でほぐしてあげたところ

ヂュッヂュッヂュッヂュッ
3 ペットシーツが大きく見える
ヂュッヂュッヂュッヂュッ

2匹ともすごい勢い。


・・・そういえば子供の頃飼っていたカブトムシが
こんな感じ↓でスイカに張り付いていたっけなぁ。

4 ふんばるハイジ

ハイジ↑が野性味あふれる顔面フードファイターだとすると
クララ↓はそれよりも控えめなお嬢さま食い。

5 ヂューヂュートレイン

名付けたからこういう性格になったのか、それとも
たまたま名前と性格が一致したのかは謎(^^;)


隣の芝生は青いを実践するハイジ
クララのお皿にファイッ!

ガウガウ
6 隣の柴は青い之図
ちょっと何するニャ!
これはクラたんのごはんなのニャ~~っ


そこへ参戦しようとペーターなお吉まで登場。

それおいしい~~~?
7 ペーターなお吉登場

あああ、コラコラ(^^;)やめれ~~



・・・・数分後。
台風一過のような静けさの中

食後の洗顔を、なぜかケージによじ登りながら行うハイジ

んべ))んべ))
8 なぜその恰好

おなかポンポコリンだ(笑)


ちびちゃんたち いいなぁ~~
9 いいなぁ~

ちなみになおちゃんにもちゃんとおすそ分けしていますので
ご心配なく。

ただし、ちび姉妹にとっては1食分が
もうすぐ1歳のなおちゃんには、たった2~3口の量だったのだけれど。


【おまけ】
猫型爪とぎを枕に爆睡するぽっさん

…zzz
10 ちょうどいい高さ

そういえばろびぽも、ちび姉妹と同じ大きさの頃に保護したんだよなぁ…。



保護猫なおちゃんの里親さんを募集しています
なおちゃん

ハンデはありますが、遊ぶの大好き、ポジティブで元気な男の子です。
どうぞよろしくお願いいたします。

詳しくはコチラ→

*** お問合せはお気軽にどうぞ ***
(ちょっとした疑問・質問なども遠慮なくお問合せください)

下記の里親募集サイトにも登録しています。

いつでも里親募集中
登録番号 C184622 山梨県

ペットのおうち
募集番号 9976




糖尿病発症から2ヶ月以上たつのに未だ血糖値が安定しないろび
昨日の測定結果はランタス(インスリン)投与6時間後で「367」という高血糖。

インスリンの種類にもよるが、猫にランタスを投与した場合
通常10~12時間ほどかけて血糖値がピークになるのが
(だからピーク時に2回目の投与を行なって再び血糖値を下げる)


そのピーク時が「367」ならともかく、ろびの場合はたった6時間後でこの数値。
つまり血糖値が高いまま、インスリンを打っても血糖値がなかなか下がらない
=血糖値コントロールができていないということになる。

11 どんどん増えるインスリン

今まで朝晩3単位ずつだったのが
昨日から、とうとう夜4単位、朝3単位になってしまった。

どんどん増えるインスリン量…

インスリンの種類を変えるにしても他のものはランタスより効果時間が短く
フルタイムで働く身としてはピーク時に追加のインスリンを打ってあげられない。

だから、やっぱりランタスでいくしかないのだけれど…。

幸いろびの食欲は以前より増していて残すことはほとんどなくなった。
体重もなんとか5.9kgをキープ。

今週水曜日の夜に4単位でどのくらい下がっているか
もう一度血糖値測定の予定。


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
 

| 保護猫 | 06:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |