ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なお吉道中記(山梨→福井)

おととい土曜日、なおちゃんをトライアル先の福井県にお届けしてきました。
今日は、その道中の様子のご報告です。
進路状況がわかったほうがいいかなと地図も用意してみましたが
何しろ手描きですので県の形や各所の位置が違うなど
多少の間違いは大目に見てくださいませ(ё。ё;A)



11月2日(土)
午前3:30起床

猫缶を温めて物置に行くも、うさぎ保育園の2名しかおらず。

4:52出発
後方のなおちゃんに声をかける「心配しないで寝てていいからね」
なおちゃん、立ったままイカミミ(だ、大丈夫かな…ё_ё;)

5:00 甲府昭和ICから無事名古屋・長野方面へ進む(←はいココ需要)

5:26 密室テロに遭遇(ё∀ё;)

5:35─5:46 中央道原PA(長野県)にて最初の休憩。
道順その1
ここで、この日のために購入した新品のヒツジさん毛布に盛られたブツを片付ける。
(お食事中の方すみません)
入れっぱなしだと狭くなってしまうかな?と出しておいたトイレをココから強制投入。
(本当は約1時間ごとの休憩時に用を足してもらうつもりだったのです)


6:27─7:05 駒ヶ岳SA(長野県)にて朝食。
道順その2

大好きなカルカンパウチ(もちろん薬入り)をほおばるなおちゃん

まぐまぐ))
1駒ヶ岳SAにて朝食

おいしいかい?

2ごはん大好きなおきっつぁん

聞くまでもなかったね。

私も朝食用にSAエリア内のコンビニでおでんとおにぎりを購入。
デザートに柿だけ持参。
おでんに大根と昆布がなかったのが、ちょっと悲しかった。

3野菜がない

ふぅ~、おなかいっぱい。

ふと空を見ると…

4白み始めた空

流れる雲の速さに緊張が増す。

さあなおちゃん、また出発するよ。

おかわり
5おかわりください

あとでまたあげるから。

おかわり
6良いコのなお吉

ねえ、聞いてる?


7:26 阿智PA(長野県)にて最初の給油。
道順その3
まだメーターの半分強ほどガソリンが残っていたが
高速ではこまめに給油したほうがよいと聞いたのでその指示に従う。


おなかいっぱいになったせいか、ちょっと目が重い。
斜め前方を走行していたトラックの『YUTAKA』という文字が『TSUTAYA』に見えた。
いかん、いかん。しっかりせねば…


8:15─8:40 内津峠(うつつとうげ)PA(愛知県)にて3回目の休憩。
道順その4

他にやることがないのか、ドヤ顔のなお吉

7内津峠PAにて

あ!なおちゃん鼻クソ付いてる!!

これは鼻クソではないのです
8なに見てんのん?
鼻クソではないのですよ?

そうだったね(笑)

決してトイレ砂(おから)を食べているわけではなく

9紛らわしい図

ただ単に、ごきげんななお吉

10ペロンチョはOKの合図

よし、まだまだ大丈夫そう。


8:54 愛知県小牧IC~一宮IC間で最初の渋滞。
道順その5
隣車線の2台前に山梨ナンバーのセダンを発見。なんかちょっとホッ。


9:58─10:20 神田PA(滋賀県)にて4回目の休憩。
道順その6
いよいよお隣は福井県。
思ったより暖かく、上着を着たままだとうっすら汗ばむくらい。

11神田PA(滋賀県)にて

ビタミンDを生成中のなおちゃん

12ビタミンD形成中

─と、後方で休憩していた男性グループがなおちゃんを見て驚く。

13猫ですが何か


なんでびっくりしてるのん?
14まだまだがんばるなおちゃん

フフ、なんでだろうね。


11:25─11:44 杉津(すいづ)PA(福井県)にて最後の休憩。
道順その7


里親希望者さまにもうすぐ到着の連絡を入れ、ICを下りたところで落ち合う約束。
なおちゃん、あと少しだからね、がんばって。

OK牧場
15最後の休憩 杉津PAにて

─が、ここで2度目の渋滞。

ちっとも動かないので気分転換に景色でもパシャリ。

16渋滞2回目

んー、やっぱり山はいい(*´ω`*)


そして12:10、里親希望者さまの家に到着。
ゴール!
山梨の自宅を出て既に7時間が経過。


臆することなく、さっそく探検を開始するなおちゃん
(希望者さまの許可を得て撮影しております)

17さっそく徘徊

まあ、案の定というか、なんというか。
いつもどおりマイペースにウロウロ(^^;)


トイレも自分から入って

18ごく自然に

うん、これなら心配なさそう。

19よくできました

その後もほぼノンストップで歩き回ったり洗濯機と壁のすき間に入って何かを考えてみたりと
順応性の高さを見せつけるなおちゃん

1時間ほど滞在させていただき、希望者さまになおちゃんの病気のことや
トライアル中の注意事項を説明。
なおちゃんのために用意してくださったという部屋やケージも見せていただいてから
1人帰路につく。

20るんるんるんたった♪

がんばれなおちゃんという言葉を心の中で繰り返しながら。


─午後5時58分、山梨の自宅に到着。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

走行距離、往復770km。
給油は片道1回ずつ。

行きはしっかり休憩をとりながら進んだのと渋滞にハマったのとで
7時間(5時─12時)かかりましたが、
帰りは渋滞がなかったのと車のエンジンを休ませる程度の休憩だったからか
5時間(13時─18時)で着くことができました。
でも、行きより帰りの方が長く感じたのはなぜだろう…。

たぶん日付が変わるだろうなと思っていたので、予想以上に早く帰ることが出来て
何より外猫の夜ごはんの時間に間に合うことができてよかったです。
朝ごはんを食べそびれたクロチプチかーさんにはちょっと多めにあげました。

ぽっちゃんも2皿用意したカリカリを「均等」に食べてくれていました。
どちらのお皿にも同じくらいの量が残っていたのが、ちょっとおかしかった。
ぽっちゃんらしいというか。


翌日は午前中のうちにろびを迎えに病院へ。
食事は半分自分の口から、半分強制給餌といった感じだったそうですが
排泄等もちゃんとして、とても良いコだったそうです。
お泊まりは入院で何度か経験しているので少しは慣れたのかも。
会計待ちの間、ろびはずっとキャリーにスリスリ甘んぼこちゃん状態でした。
少しは寂しいと思ってくれたのかな?


なおちゃんは私が帰った後もマイペースに行動していたようです。
希望者さまも最初はそんなちょっと変わったなおちゃんに驚いていましたが
大丈夫、すぐに慣れます(笑)


以上が今回の道中記です。
長時間の移動にもかかわらず、なおちゃんは心配していた発作を起こすことなく
終始落ち着いた様子で車に乗ってくれていました。
休憩時は水を飲んだりオシッコをしたり
山々を眺めながらスンスンと空気を嗅いでみたり…

なおちゃんにチャンスがあるなら、行けるところまで行ってあげたいと思います。
それができるのは私しかいないから。


とりあえず今回なおちゃんを無事送り届けることができてホッとしています。
応援してくださったみなさま、
そしてこちらの都合に合わせて休みをとってくださった希望者さま
どうもありがとうございました。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| 保護猫 | 10:52 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |