ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

火星始めました

10月になり朝晩冷え込む日も多くなったがコタツを出すにはまだちょっと早い。

そこで今年もハロゲンヒーターをガタゴトと引っぱり出してきて…


1火星始めました

火星始めました。


さっそく真ん前を陣取り晩ごはん後のデザート
(ちゅ~るにネフガードを混ぜたもの)のにおいを顔に塗りたくるぽっさん

2一応注意書き

心霊写真と間違われるといけないので一応注釈しましたが
あれは舌ですメイビー。

ちなみに私は霊感はまったくないけれど心霊現象は信じるという
ややこしい人間です(笑)


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

分子標的薬(抗がん剤)の使用開始以降、腫瘍の大きさを診てもらうため
週一で通院しているろび(主に土曜日)

昨日、夕方の通院まで仮眠をとろうとタオルケットを掛けたら
久々にオマタスキーが復活して


3オマタスキー復活
キタ━(゚∀゚)━!

ヨタヨタと歩いてきて段差越え(私の膝)に苦戦していたので
「あー、重い重い」と抱き上げて。

冗談抜きで重いし窮屈だし血流悪くなるしイイことなんてホントないんだけど


・・・でも、あったかいねぇ。



そんなろびですが、実はここに来てまたジワジワと腫瘍が成長しつつあります。

4ペットシーツ天国

それに伴い左前脚の浮腫みも悪化し
ポウはまるで厚底サンダルを履いたようにパンパンというかブヨブヨで
歩行は普通にできますが、前より格段にぎこちなくなりました。

5両腕の太さ比較

やはりネコc-kit遺伝子検査を受けるまでもなく
今回も分子標的薬が効かないタイプだったのか…。

(※特定のがん細胞だけを狙い比較的副作用の少ない分子標的薬が
効くかどうかを調べる検査。ただし陰性でもまったく効果がないわけではないらしい)


ただ、通常の抗がん剤に切り替えるにしてもろびの場合は糖尿病があり
嘔吐や食欲不振等の副作用が起きてしまうとインスリンが打てなくなるので
ここで通常の抗がん剤に切り替えるかどうかの決心もすぐにはつきません。
(担当獣医師さんも薦めてはきませんでした)

投与しているからこそ成長速度がこの程度で済んでいるのかもしれないし
ほとんど効いていないから再び腫瘍が成長し始めたのかもしれないし


そこで担当獣医師さんと話し合った結果
もう少し分子標的薬の使用を続けてみることにしました。


6いびキング

最近は抵抗が激しくて投薬にかなり苦労しているのですが
(口を開けようとするとワニ並みの顎力で閉じようとする)

ろびのためだから、ろびのためだからと口をこじ開け
鼻に息を吹きかけ喉をさすりながらごめんね、ごめんねと。


…嗚呼、頼むから効いてくれ。

劇的でなくてもいいから
この先数年、一緒にいられるくらいでいいから。



【おまけの私のお気に入り写真より】
左から2013年9月のクロチうさぎの兄ちゃんず&ボーちゃん

ボーちゃんのカウンターパンチがうさちゃんに入り
なぜかクロチが「ぎょえっ」と驚いている写真です(笑)

20130916のだんご3兄弟


キミらはダチョウ倶楽部か(笑)


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびんとぽっけ | 12:29 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |