ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

I miss you

なんだかいろいろと順序が逆ですみません。

「れば・れば」の記事とろびの一周忌にコメントをくださいました方々に御礼申しあげます。
ひとつひとつの心に染み入るお言葉に、頭ではわかっていても心が追いつかない状態で


あの日から、先の見えない長い長い下りのエスカレーターを上に向かって逆走している感じです。
このままじゃいけないと走っては疲れて立ち止まり、下まで戻ってはまた走る…みたいな。


20141026084804fca_201908121348142bb.jpg

あの頃はあの頃で、できることは全てやってきたはずなのに
ろびとの別れに納得できなかったのは、たぶん自分が思い描いてきた形じゃなかったから。


好きな物をおなかいっぱい食べさせて

股が蒸れようが脚がしびれようがろびの気が済むまで抱っこしてたくさん撫でて

そして最期は私の腕の中で。


201110010502449a6_2019081213481756e.jpg

それができていたら今より少しはマシだったかも・・・いや、それでもやっぱり
ウジウジ・グダグタでしたでしょうね( ̄ー ̄;


こはあみのははさんの

自分のせいで、と思うお気持ちは痛いほどわかりますが、ご自分を責めることは、
ねいしゃんのことが大好きだったろびくんと過ごした時間の輝きを失わせる気がします。
すぐには難しいと思いますが、どうしても涙が落ちるかと思いますが、
どうかマイナスの感情にとらわれることなく、
一緒に過ごした18年間の楽しかったことで、ろびくんの思い出を彩ってあげてください。

というコメントに、ああ、そうだなと。


201409231017544f1_20190812134845d59.jpg

確かに私はろびを失ってたくさん泣いたけれど
きっとそれ以上にあのコと笑ってきたはずだから。


ろびの飼い主であったことは私の誇りであり私の財産

次に生まれ変わっても、また私のところへおいで
カリカリ3粒といわずにいくらでもオマケしてあげるからさ。

201710100004492c3_2019081213482886b.jpg

ろび、18年間ありがとう。


20170104144542dad_201908121348155c6.jpg


最期そばにいてやれなくてごめんな。


| ろびんとぽっけ | 15:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |