ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ご近所猫2012年・春

暑すぎず、寒すぎず。
そんな季節は、道端に猫がよく落ちている。

                 ミーコ「コローン♪」
どっちがどっち

右がミーコで左がチビたん
       チビたん「コローン」

毎度おなじみ、ご近所猫のミーコチビたん母娘。

                     コロコローン♪
こっち見るニャ!
あ、変なおばたんが またこっち見てるニャ

えっ、変なおばさん?
どこどこ!? (`・ω・´;) (;`・ω・´)

Oh…It's me… orz



最近は油断しているときなら少しは触れるようになった
猫おばあさん宅最年長(推定4歳)のミーコちゃん

美人のミーコさん


そして、その長女で当家のボーちゃんのGFであるパトラ嬢↓。
チビたんの姉猫。

塀の上のパト子


んでもって、パトラちゃんの子供でミーコちゃんの孫およびチビたんの甥っ子
オドちゃん

でも、叔母猫チビたんと同い年(2ヶ月年上)で、えーとえーと…

隙間マニア
だんだん混乱してきたぞ(ワクワク♪)

・・・・・。(ё∀ё;)

ええ、オドちゃんの言うとおり、この記事を書いている私の頭の中は
まさに矢印が飛び交っている最中でございます(大量の汗)。


ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします
  
矢印なんて嫌いだ




何年かぶりに落ち着いた春を迎えています。
それはきっと、この近所から未避妊の雌猫がいなくなったから。

去年までは未避妊の雌猫が発するフェロモンに引き寄せられた雄猫発端の小競り合いが
一晩に2度3度あることも珍しくありませんでした。
そのたびに寝ぼけ眼で声のする方向へ右往左往しながら止めに行く。

もちろん眠いです。
できることなら目覚ましが鳴るまで起きずにいたい。
でも、ただでさえ外飼いで近所に迷惑をかけているのに、これ以上猫のことで迷惑をかけるわけにはいきません。
例え、その騒ぎの原因がうちのコじゃなくても。

皆さまも、早朝夜半の猫の「ニャァ~オ~ゥ」という騒ぎに、「早くやんでくれないかな」
「誰か止めてくれないかな」と思われたことが一度はあるはず。
だから私は、小競り合いの声が聞こえたら私の二の腕を枕にしているろびの頭をそっと外して止めに行きます。
騒ぎをいち早く鎮めることで、ご近所さんの猫に対する心証を悪化させたくないというのもあるのです。


今年は猫おばあさん宅の女子が全員避妊手術を終えたせいか、未去勢の雄猫が近所をうろつくこともほとんどなく、一度布団に入ったら朝までzzzの状態です。
おかげでろびの頭が乗ったままの二の腕は加圧トレーニング状態ですけどね(^^;)


※メモ:猫おばあさん宅のジャイアン(未去勢)、先月より行方がわからず。
クロちゃん(同じく未去勢)は、ときどき見かける。


| ご近所猫 | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT