ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな心配の種

ぽっちゃんが目に涙をためながら訴えかけてくる。

あのね あたちね そこで寝んねしたいのにね
うるうるぽっさん

おっきな岩が邪魔するのもん~
私から見た構図

ぽっちゃん…気持ちはわかるけど

それは岩じゃなくてろびだ…。

ゴアンが食べられるならオイラ 猫でも岩でも どっちでもいいじょ…zzz
リラックス

猫ですよキミは。

ねーこーーー。



話は変わって気になることが。

昨日の朝、ろびの耳を何気なく触っていて
矢印の部分に2mm大の白っぽいしこりがあることに気づいた。
(後で見たら反対側の耳も同じようにふくらみかけていました)

新たな心配の種

すぐに肥満細胞腫の再発が頭をよぎる。

ろび今年の2月に皮膚型肥満細胞腫を発症している。

そのときは良性と診断され、薬(おそらくステロイド)で小さくなった腫瘍を
3ヶ月おきに診察していく形で解決したが

肥満細胞腫は多発性で再発しやすいため
このしこりが肥満細胞腫である可能性はゼロではない。


で、昨日血糖値測定の際、獣医師さんに診てもらったのだが
ここで細胞診をしてしまうとまた腎障害を引き起こす可能性があるため
今月29日に予約している肥満細胞腫の定期診察の時に
腫瘍専門の先生に検査してもらうことになった。

8月29日…歯肉の日ら
トド吉

肥満細胞腫だったらどうしようという気持ちと
いや違うと信じたい気持ち

診察の日まで、このモヤモヤした不安を抱えながら過ごすのは
けっこうキツイ…(ё。ё;)


※ちなみに猫の皮膚型肥満細胞腫は頭頚部、
特に目の周りや耳介に発生することが多いそうです




【おまけ】

ゲホッ ゴホッ ブホッ
お尻攻撃
おやトラ坊 風邪ですか?(うな)

…。(^^;)


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびんとぽっけ | 11:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

大丈夫!

大丈夫、大丈夫、大丈夫!!

私も昔、胃潰瘍になって
再発率がかなり高いことを知り
かなり焦ったけど
ずっと大丈夫大丈夫と自分に言い聞かせて大丈夫だったから!
と かなり不安定な意見ですが…。
ろびちゃんは大丈夫!って
私も念じるしお祈りもします。
私は細胞腫を知らないので申し訳ないのですが
左右、同じような場所にできる物なのですか?
ちょっと勉強してきますね。

| ナナ | 2013/08/18 15:17 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます

>ナナさん

ろびの場合たまたま左右の耳に似たようなしこりを
みつけただけであって、肥満細胞腫は必ずしも
左右対称にできるというわけではありません。
ただ、多発性のため体中に発生することはあるようです。

そうですね、ろびは運の強い胡ですから
きっと大丈夫だと私も信じています。
同じように不安な思いをされたナナさんのひと言が
今はとても心強く感じます。
どうもありがとうございます。
お身体、大切になさってください。

| Mapo | 2013/08/20 20:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT