ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドキッとした話

猫と暮らしていてドキっとした話をひとつ。

それはある朝、窓から差し込む日差し、かわいらしい鳥の声に
「そろそろ起きなくちゃ~」と目が覚め始めたときのことだった。

「・・・・・・・・?」

股のあたりが妙にジワンと生温かい。

・・・・え?

も、もしかして

いやまさか、この歳で!?

え、うそっ


布団ガバッヽ(ё∀ё;)



ま、まさかねいしゃん。
おおおお、おねっ、おねっ

驚き桃の木山椒の木






おまえか~~~~~~っ!





なんのことら( ・(ェ)・ )
別名オマタスキー


そう、一瞬お○しょかと思って焦ったその正体は
私の股の間でブーブーいびきをかいているろびだった。

私の右脇で寝ていたはずか、いつの間にか股に移動していたらしい。
(そういえばろびはオマタスキー(お股好き)だった)


それにしても、あのときは本当に焦った(^^;)


皆さまの家にもオマタスキーさんがいましたら
どうかお気を付けくださいまし。





【おまけ】
こちらはオモチャスキーさん。

お気に入りの紐じゃらしではしゃぎすぎて芝生まみれ。


あー、おもしれ♪
誰に付けたろか


もちろん、スリスリされる私の脚と兄ちゃんずも芝生まみれ。



*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

| ろびんとぽっけ | 07:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT