ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母は強し

今朝、通勤途中にある民家の庭先で、黒猫が日向ぼっこをしているのを見た。
たしかそのお宅でゴハンをもらって暮らしている猫だ。
全身黒いと、さぞかし吸収率もよかろう(・・・焦げないようにね)。

去年の夏頃には親子で戯れていたのに、もう1匹はとんと姿を見なくなった。
子離れ親離れでテリトリー分けでもしたのかもしれない。
民家にいたのは母猫か、それとも子供か。
外の世界で暮らす者にとっては自分が生きるのに
精一杯で、そのためにはテリトリーの確保が重要な意味を占めるのだ。

・・・でも、ママちゃんは違った。
うちの外猫3兄妹の母猫である彼女は、子供たちに安全なテリトリー(つまりウチ)を譲って自分が出て行った。


そして、うちや、うち以外の比較的猫に好意的な少数の家をわたり歩きながらエサをもらって暮らし、・・・ある日を境に姿を消した。    
もう3年も前のことだ。
ママ1
クロチやうさぎと共にうちで暮らしていた頃のママちゃん。
このときおなかには、ちゅびぃを含む3匹の命が宿っていた。


ママちゃんは、近所にある“子猫のうちだけエサを与え、ある程度大きくなると追い出す家”の出身だった。
(その家のおばさんは猫たちに自立を促しているつもりだったらしいが・・・)
私が初めて彼女を見たとき、まだあどけなさが残る顔で
一生懸命草むらをかき分け食べるものを探していた。
警戒心が強く、私がその場を去るまで、じっと伏せたままこちらをにらんでいたこともあった。
そんな彼女と何度も顔を合わせるうちに徐々に打ち解け、あるとき子猫を連れてうちに住み着くようになった。
その子猫がクロチうさぎである。

ママ3
ぽっけもママちゃんには一目置いていた。

困ったことに、翌年の4月には再び3匹の子猫を生んで連れてきてしまった。
それまで幾度となく不妊手術を受けさせようと捕獲を試みたのだが、賢く素早い彼女を捕まえるのは容易なことではない。
生まれてしまったものは仕方がないので子猫の里親探しをすることにしたのだが、保護ができたのは1匹のみで、残る2匹のうち1匹は突然行方不明に、残る1匹もやたらとすばしっこくて捕まらないまま
時間だけが過ぎていった。

ママ2
生後5ヶ月頃のちゅびぃ(右)とママちゃん。
このあとしばらくしてママちゃんはちゅびぃを追い払うようになった。


・・・私の記憶の中にあるママちゃんは、体を張って子を守り、ときにはボス猫にも激しく向かっていく強い母親の姿だった。
しかしその一方で、とても寂しそうに見えた。
それがなぜかは、今もわからないけど・・・


姿を消す前の晩、ママちゃんは全身から膿のニオイを
発しながら私達の前に現れた。
3兄妹が寝起きしている物置小屋で、静かにうずくまっていた。
ここ何日も姿を見なかった間に、一体何があったのだろうか。

私は状況がうまく飲みこめず、とりあえず側に猫用ミルクとふやかしたカリカリを置き、一晩様子をみることにした。
・・・しかし翌朝物置に行くと、そこにはもうママちゃんの姿はなかったのである。

もしかしたらあの晩、ママちゃんは最後の別れを言いに
きたのかもしれない。
私に、子供達を託すために。


彼女が残した子供達は皆、元気に今を生きている。
ママのコ


母は強し。





ちゃっかり参加しちゃってます・・・
人気ブログランキングへ

| 3兄妹 | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

ママちゃんはとっても思慮深いコだと思います!
子供達の将来を*Mapo*さんという心優しい人に託したんですもの。
「絶対この人なら大丈夫!このコたちをまかせられる!」
って思ったんでしょうね…
ママちゃん、あなたの子供たちは、愛情いっぱいかけてもらって
幸せに暮らしてるから、心配いらないよ!」

外で暮らすにゃんこたちの厳しい状況を読んでいてしみじみ感じました。
ちゅびぃちゃんってママちゃんによ~く似てませんか…

| Hummingママ | 2009/02/03 14:10 | URL |

Hummingママさん

いつもありがとうございますe-454
ママちゃんがいなくなって、3月21日でまる3年になります。
ボロボロの体で私達の前に姿を現した日のこと、思い出すと今でも
心が沈みます・・・
ちゅびぃはママちゃんに一番よく似てますね(^‐^)♪
私はHummingママさんがおっしゃるような器の持ち主じゃありませんが、
ママちゃんが頑張って育て上げた子たちのことを、精一杯見守って
いきたいと思いますv-238


| *Mapo* | 2009/02/03 22:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://robipo.blog.fc2.com/tb.php/25-f251e101

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT