ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

くすぐったい気持ち

若かりし頃はそれはそれは軽やかに

まるでカモシカのように階段を駆け上がってきたろびぽっけ
加齢とともにその歩みは遅くなり

現在は一段一段ゆっくりと上がってくるようになった。


階段をのぼってくるろびぽ

我先にと進むぽっけに対し

顔半分のぞかせるロビヲ

なぜかいつも一歩遅れて市原悦子状態のろび

オイラを呼んだ?

「おいで」と声をかけると「待ってました」と言わんばかりにヨイショ、ヨイショ。

ヨイショ ヨイショ

時々「ドテっ」と踏みはずしたりしながら上がってくる姿がなんとも言えずかわいくて。

すっぴんでも眉ありますから

この、くすぐったい気持ちをなんて表現したらよいのやら。



▼_▼ =ω=
…あたちの前は歩かせねいわよ


現在子猫や若猫とお暮らしで朝晩の大運動会にお困りの飼い主さまへ:

かつてはうちもそうでした。

早朝深夜問わず部屋中駆け回っては私の睡眠を妨害し
カーテンによじ登る彼らのため私は何度も踏み台になり

顔を踏まれ腹を蹴られ、少しでも寝坊しようものならおまえを食ろうてやると
布団からはみ出す手足をガジガジされたことも数えきれないくらいありましたが

大丈夫、加齢とともに必ず落ち着きます。

1999年生まれ


ソースはうちの猫なのであまり説得力はありませんけどね(^^;)


*** ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします ***
  

たぶん大丈夫

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT