ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時系列で

休止中の主な出来事を時系列にしてみました。

2018年
5月GW ぽっけサマーカット(1回目)

7月初旬 ぽっけサマーカット(2回目)

7月下旬 気温40℃超えの中クロチが口の周りを血だらけにしながら二日ぶりに帰宅するも
熱中症により緊急入院、血だらけの原因であった奥歯4本の抜歯とスケーリングも行う。
(血液検査はすべて正常値でウイルス検査も陰性)

10月6日、7日 マイカーで荷物のみ引っ越し開始
    
10月8日 猫たち新居へ引っ越し

10月19日 プチかーさん元の地へ戻る(たまおばさんにバトンタッチ)

12月中旬クロチボン健康診断、クロチはFIV/FeLVともに変わらず陰性のまま。
ボーちゃんはFeLVは陰性も、FIVが擬陽性。
※ウイルス感染直後は陰性と出ることがあるため潜伏期間の2か月を待って健診。
もちろんこの間ぽっけとは完全隔離。


2019年
1月下旬 ボーちゃんウイルス再検査、はっきりFIV陽性と出る。

4月初旬 ぽっけ中期の慢性腎不全と診断、自宅での皮下輸液と投薬治療を開始

4月15日 クロチ15歳

5月15日 ボーちゃん10歳

6月 Mapo24歳

7月20日 ぽっけ20歳
           

・・・とまあ、だいたいこんな感じでしたでしょうか。


あんか変な小文字が一ヶ所
20180519.jpg
え?どこに?(お約束)


ボーちゃんのウイルス感染はある程度想定内だったのでそれほどショックではありませんでした。
しょっちゅういじめられてあちこちケンカ傷だらけだったし、むしろWキャリアでなかっただけよかったと。

IMGP3146.jpg


それよりも私はこちらの御方↓のほうが心配だったんですけどね。

ボーちゃんより5年長く外で暮らしているし、その間に2回も胸に穴があいたり
耳をえぐられたりと結構ケンカ傷をこさえていたのに、まさかのウイルス陰性( ̄0 ̄;

IMGP3393.jpg


思えばボーちゃんは前脚や下半身に咬み傷が多かったのに対し
(つまり敵に後ろを見せたり前脚で防御しようとして咬まれる)

クロチのケガは上半身に、しかもほぼ引っかき傷だったので
咬み傷によるウイルス感染を免れたのかもしれません。

ボヘ~っとしているようでケンカ無双でしたから。
(年に一度本気を出すかどうかでしたけど・笑)


20180519(2).jpg
2018年の‘さまかっと’ぽっさん

20180519(3).jpg
夜、ちょっぴり冷えたのでデビの形見のセーターを着せたらブカブカすぎて
最後はずり落ちて腹巻きみたいになっていたという



さて、引っ越しからもうすぐ一年。

はじめの数か月は外を恋しがって鳴いていた元外猫組の2匹もすっかり家猫らしくなりました。

IMGP4317.jpg


ぽっけとの関係もまあまあ良好で

2匹でぽっけのいる部屋に、まるで度胸試しのように「そろ~」っと訪れては
足早に引き返してくるのをよく見ますが楽しそう(?)です。


イメージ図↓
IMGP4318.jpg
ひいいぃ~出た~~(ズビっ)


・・・・・。(▼-▼*)
IMGP4323.jpg

ボボン「なんだよ、また覗きに行ったんか」
IMGP4326.jpg
クロチ「スルリとサスペンダーです^^(ズビビ)」
ボボン「それを言うならスリルとサスペンスだろ」


室内生活に慣れていない2匹のこと、引っ越後しばらくは
ゴミ漁りをしたり壁や柱で爪とぎをするんじゃないかとドキドキでしたが無問題でした。

ゴミ箱を倒されたことは一度もないし、爪とぎもちゃんとキャットタワーや爪とぎでしてくれる。
何より年に数回見かけていたマーキングもなく・・・あ、一度だけあったか。

引っ越しして数日後、冷ましている最中のお弁当にクロチまさかの放尿(^^;)
でもその1回だけだったので、きっと引っ越しによるストレスのせいだったのかもしれません。

IMGP4341.jpg


ときどき外を食い入るように見ている2匹。

好きなときに自由に散歩へ出られていた環境から完全室内飼いになって
きっとものすごく退屈だろうけど


前に約束したものね、いつか一緒のおうちで暮らそうねと。

| 家猫(2018.10-) | 16:01 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

さまかっと

ぽっけちゃんのさまかっと、お顔がボンっ感じになっちゃいますね。びっくり&かわゆです。
さまかっと いつも思うのですが ばっさりいっちゃうんですねー。もっふもふですものね。
ぼーちゃんと うちのこが同い年、クロチくんと私が同じ誕生日。
そしてMapoさんが私の母と同い年…。
うちの母は 24歳と25歳をいったり来たりしてるんです。
でも 実は今年の春に神様のところへ行っちゃいまして 私は立ち直れないでいます(汗)
すみません、なんかとりとめなくて。
クロチくんとぼーちゃんと いつか一緒のおうちに住もうという約束、私も覚えています。お外もたのしいだろうけど
危険のないところで のんびり楽しく暮らして欲しいですよね。

| ナナ | 2019/09/01 17:32 | URL |

Mapoさん何度目の24さ…いえいえ。

ぽっさんのさまかっとが、
首から下完璧すぎて、
いつぞやは虎刈り的なワイルドさでしたのに、
首から下が完璧すぎて(2度言う)、
強面女子なのにお笑い芸人のような


…いえ、ごにょごにょ、何でもないです。
ぽっけちゃんはどんな時も
女王様の風格です(^-^)

ぼーちゃん、発症せずに暮らせますよ、
もう安心のおうちに来たのですもの。

年一回のマジ喧嘩で漢を見せる
クロチさんにちょっと胸キュンです。

| さくらんぼん | 2019/09/01 20:05 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~!
ぽっちゃん、時系列に説明どこかおかしいところあった?
おばちゃん、分かんない、どこ?どこ?(^o^)

ぽっちゃんとクロチくん、ボーちゃんとの関係がまあまあ良好ということで
本当に良かったですね♪
ずいぶん心配されたでしょう。
Mapoさんから「いつか一緒のおうちで暮らそうね。」といつも言われていて、
ちゃんとそれをしっかり理解してくれて、とっても良いコたち。
新居でのそのそ歩く姿やキャットタワーで寛ぐふたりの姿に胸がいっぱいになりました。
ぽっけちゃんも相変わらず威風堂々(っておんにゃのコに言う言葉じゃない(^_^;))としてて
貫禄?風格?を感じます(*^_^*)
みんにゃが毎日穏やかに過ごせますように!

| Hummingママ | 2019/09/02 14:47 | URL |

コメントありがとうございます

> ナナさん

お母様の体験談(バナジウムウォーター)で
ろびも随分と助けていただきました。
そして文面からナナさんの親孝行が伝わってきて素敵だなぁとも。
無理して立ち直る必要はないかと…。
いつか心がフっと軽くなる日がきっと来ますから
それまでたくさんお母様のことを思うのが
これからの親孝行になると思います(エラそうにすみません)

能活くんはお元気ですか?
これからも2年3年、5年6年と歳を重ねて
ナナさんのそばにいてくれますように。



>さくらんぼんさん

それが…麦芽ジュースの飲みすぎなのか
24歳以降、自分が何歳なのか
分からんようになってしまったのです。
(24歳←そこ、ツッコんでくれてサンクスです・笑)

これが最後のさまかっとと決めていたのでワタクシがんばりましたよ。
残念なことにキノコ雲のようなシルエットになってしまいましたが…。

ボボンのこともありがとうございます。
猫白血病と違って猫エイズは発症さえしなければ天寿を全うすることも
可能なので、これからは免疫力を上げつつストレスのない環境作りに
励みたいと思います。



>Hummingママさん

ツッコミのご協力ありがとうございます(笑)

引っ越しせざるを得ない状況になり新居を決めたまではよいものの
ごはんさえあれば外野はあまり気にしないろびと違って
やや神経質で過去に保護猫からのストレスで
尿路結石になってしまったことのあるぽっけを考えると
心配や不安で胃痛に苦しんだ日も(^^;)

今はその不安も解消されて、なんとか平穏に過ごせています。

| Mapo | 2019/09/07 20:54 | URL | ≫ EDIT

PREV | PAGE-SELECT | NEXT