ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

唯一無二

今から20年前のろびです。

当時はコンデジを持っていなかったので
子猫時代の写真は全て使い捨てカメラでした。

ろび
(20年前の自分に言いたい コンデジを買え!と)


時間差で保護したぽっけと体重300g足らずでうちに来て

あっちへモゾモゾ こっちへモゾモゾと
いろんなところへ潜って探検したり
(こっちはドキドキ)


人の顔やおなかを踏み台に走り回ったり
(私はジャンプ台じゃない)


深夜に部屋のカーテンがユラユラ揺れていてドキっとしたら
2匹でカーテンの裏にぶら下がっていたとか
(爪がひっかかって「どーちよー」って感じでした)


チビろびぽ
左がろびで右がぽっけ(まだキトンブルー)


楽しいエピソードはたくさんあるけれど、中でも好きなのが

生後1ヶ月ちょっとたった頃だったかな
ろびぽっけが階段を「よじよじ」上っていて
しばらくたってから随分上まで行ったのだろうとのぞいたら

2匹とも3、4段目で疲れ果てて眠っていたという(笑)


階段の途中にて
オイラ大満足ですじょ…zzz


この満足感たっぷりの寝姿がなんとも言えず
今だったらきっと「エベレスト登頂か!」とツッコんでるんだろうけど

本当にかわいくておもしろい兄妹でした。


右P 左R
左:ろび 右:ぽっけ


現行犯R
洗車用スポンジをくわえ逃走をはかろうとする兄(ろび)を見張る妹(ぽっけ)


ひとり遊び
若い頃は階段の最上階からおもちゃの「ちゅっ太くん(ネズミ)」を投げる→くわえて持ってくる
という遊びが好きなコでした




自分より明らかに小さい箱に入れると信じて疑わないところとか

2010081805011457c_2019112220194203a.jpg



保護猫が巣立った後の保護部屋にこっそり入って遊んでいるところとか

2014082404570563a_20191122202018a55.jpg



そろり、そろりとやってきては
いつの間にか私の股におさまっているところとか

2014092310174954b_20191122202020e18.jpg



こちらがはずすまで、かぶりもの(や応募シール)を
かぶった(貼り付けた)まま普通に過ごすところとか

201410300713520df_20191122201938fdb.jpg



何かお願いごとがあると、つぶらなしとみで
おねないポーズをしてくるところとか

好きなところをあげたらキリがないんだけど

2017051604122913b_20191122202020338.jpg


ろびのぬくもりに触れられなくなって昨日で2年

耐えて耐えて踏んばって踏んばって
それはきっとこれからも果てしなく続くのだろう。



ぽっけクロチボンの存在に随分と助けられています。
でも、その穴は彼らでは埋めることはできません。


死んだコの穴は死んだコでしか埋められない。

なぜなら、それぞれが唯一無二の存在だから。



昨日はろびの大好物だった茹でもやしを仏前にお供えしました。

我が家では毎月22日はもやしの日となっております。
(経済的かつ美味しい)

| ろびんとぽっけ | 06:29 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

もう2年も経ちますか…
子猫時代はほんとに短く、
貴重な可愛いろびくんみられて
嬉しいわ。
ぽっけ姐さんはお小さい頃は
ショートヘアーでいらしたのね、
長毛になりそうな感じが全然ありませんね。

居たものが居なくなる喪失感は
どうしたら良いのでしょうね…
これは埋まらないですから、
これを噛み締めていくしかないのでしょうか。

Mapoさんの抱えている寂しさ
伝わって参ります、
うまい言葉がかけられません。

ろびくんが心配するから
麦ジュースでも飲んで
紛らわしてくださいませ。

| さくらんぼん | 2019/11/23 12:12 | URL | ≫ EDIT

ろびくんとぽっけちゃん

ふたりとも 赤ちゃんの頃は
色以外 面影がないような…(^-^)

可愛いですね。時間差で保護されたんですね。同じお母さんなのでしょうか。

私も先代の猫さんが神様のところへ
いってしまったときは 何年も何年も
泣きましたね。辛いよね。
もう病気じゃなくて元気にしてると思っても 悲しいのと辛いのと後悔とで ぐちゃぐちゃ泣いてました。

写真を見てると ろびくんも ぽっけちゃんも 少し大きくなったら おとなのいまと同じ見た目になりましたね。
そういえば うちの能活も 今は 細マッチョですが 赤ちゃんのころは
「こねこのぴっち」(絵本)みたいに
ちっちゃくて やせっぽちでした。
性格は変わらないかな。 でも だっこを嫌がる子でしたのに 今は させてくれるようになりました。お膝に乗るようにもなったし。

ぽっけちゃんは 赤ちゃんのころは モシャモシャじゃないんですね(^^)

| ナナ | 2019/11/23 13:43 | URL | ≫ EDIT

投稿時間

ねえねえMapoさん
記事の投稿時間が
6:29が多いのが
ちょっとすごいなーと思うの。
それだけなの。ちょっと言いたかったの。
(*≧∀≦*)

| ナナ | 2019/11/26 19:03 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます

>さくらんぼんさん

それが、ぽっけの毛はろびよりも細く柔らかかったので
もしかしたらこのコは長毛かもと…思っていたら案の定。
1枚目の写真、よーく見ると背中の毛がツンツンと
長毛種を予想させるような伸び方をしています。

あっという間の2年です。
でも、私にはまだまだぽっけたちがいますから
麦芽ジュースを飲みつつ、時にグジグジとろびを思い出しつつ
気長にこの先の1年、2年を過ごしていきたいと思います。
お気遣いありがとうございます。



>ナナさん

それが最初、身内が拾ってきたのはろびだけで
ぽっけは他の誰かに拾われた後にやっぱりいらないと投げ捨てられたのか
遺棄場所から少し離れた民家の前をびっこを引きながら歩いているところを
私の妹が連れてきたんです(しかも民家のおばさんに水をかけられていたそう)

なので母猫は同じ、血の繋がった兄妹であることは間違いありません。
見た目も生後2ヶ月くらいまではパっと見、見分けがつかないくらい
よく似ていました。

「こねこのぴっち」、聞いたことはありましたがググってみて切なくなりました。
能活くんにそんな時期があったんですね。



お二人ともレスが大変遅くなりすみません。

| Mapo | 2019/12/07 19:43 | URL | ≫ EDIT

PREV | PAGE-SELECT | NEXT