ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ろび in おとさんベッド

ニャッポンの第一次高度成長期である1955年~1964年において、
「三種の神器」と呼ばれた

・つめとぎ
・猫ベッド
・キャットタワー

今や どの家庭でも あって当たり前のような時代になったが、
当時は大変高価なものであり

たとえば新しい つめとぎを購入した家があると、
近所中の猫が集まってワクワクしながら爪をといだものである。


昭和34年 近所で唯一 猫ベッドを買ったというMさん宅では
昭和34年の写真
ご近所中の猫たちが交互でベッドで眠ったという


――1959年 山梨ニャゴニャゴ新聞より――




・・・だってさ。
ベッドもつめとぎも、当時は憧れだったんだねぇ…


新聞のしと オイラにそっくりなのだ
どのベッドに入るか当ててみて
もしかして オイラの おとさん?


ろびくんの おとさんは猫じゃないでしょう。
でも ま、ご先祖さまの可能性はあるけどね。


じゃ、オイラも ご先祖しゃんのマネをして・・・
親子2
よっこいしょ


――どう?


ベッドみたいなのだ
そろそろ出たら?


ベッドなんだよ(-""-;)


こうしてると 落ち着くじょ・・・
ほくそ笑む、ぷにお


クマ in クマだからねぇ・・・



・・・ねいしゃん
カマ男の館へようこそ
今度の日曜日 オイラと三角公園でデイトしませんか?


ろびくん・・・・





気色悪りぃ~~~(ё∀ё;)



ちぇっ
いごこちはどうですか?
失礼しちまうじょ (◎`ε´◎ )


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

全く興味がなかったはずの「おとさんベッド」に
ろびくんが入ってくれました。

うれくて、同じような写真を何枚も撮ってしまい
親バカながらも全部載せています(^^;)


4月まで冬眠

すぐに隣のいちごベッド(ピンク)に入っちゃったけど、

私はろび

そういう気遣いが好きです。



ランキングに参加しています
  
ポチ♪っと応援していただけるとうれしいです

| ろびんとぽっけ | 20:15 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ついに『おとさんベッド』にinしてくれたんですね。
よかったですね~e-460
そのうちに今までのより使ってくれるようになるかもしれませんよ!
ろびくんの おとさんは猫じゃないでしょう。
笑っちゃったe-454
ろびくんって よくカメラの方を向いてくれますよね~
撮りながら 名前を呼ぶだけで目線をくれるのかしら…
最後の写真なんて、ろびくんに見つめられているようで
恥ずかしいなe-449

| Hummingママ | 2010/03/08 21:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/08 22:18 | |

おとさんベット、使ってくれて良かったですね。

私も、子どもの頃、猫の手帳に載っていたキャットタワーに憧れたものでした。
子どもの小遣いではとても手が出ない代物で・・・。
うーん、やっぱり今の猫って贅沢!!(゙ `-´)/
それでも、昔出来なかったことを、今いるコ達にしてあげたい!
と思ってしまうんですよね~。σ(^_^;)

| あち | 2010/03/09 00:48 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます

e-346Hummingママさん

いつもありがとうございます。
おとさんベッド(笑)、ほんの数分でしたが入ってくれました。
ろびくんの おとさんは、たまに通る居酒屋の前で
とっくり片手に立ってますよ~( ´艸`)
ろびもぽっけも名前を呼ぶと向いてくれるので
写真は撮りやすいです。
でも、動きがないので いつも同じような写真ばかりです(^^;)



e-346あちさん

え?あちさんも猫手を読んでいらしたんですか?
わ~っ♪
私も 先にコメントをくださっているHummingママさんも、
実は猫手の愛読者なんですよ^^
今は休刊で寂しく思っています。早く再刊されないかなぁ。

そうですね、人間よりも短い寿命の猫ですから
できることは何だってしてあげたいと思うのは皆同じだと思います。
あちさんは既に実践されていますしね(笑)
私もおとさんベッドを買ったのは、その気持ちの表れかもしれません。



皆さま、コメントをありがとうございました。(*_ _)

| Mapo | 2010/03/09 21:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT