ろびろびQ -R-

家猫&元外猫の日常

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

譲渡会へ行こう。

     今日はお昼から 山梨動物里親の会へ行ってきました。
     こちらでは、昨年うちのチビッコうずらが大変お世話になり、
     その後も時々遊びに行かせていただいています。
    
     現在保護猫がいない私はもう行く必要はないのだけれど、
     うーちゃん(うずら)が参加していた頃から頑張っている猫さんたちのことが気になり、
     開催日にできるだけ時間を作って会いに行くようにしています。
     (上記リンクは山梨動物里親の会のHP。ブログはこちらです。
     更新の頻度はブログのほうが高いようです)


     譲渡会の様子をのぞいてみよう!
     (ワンコたちもおりますが、今日はニャンコをご紹介します)


     譲渡会1
     本日の参加猫さんたち。春秋より数は少なめ。
     季節柄、子猫よりもちょっぴり大きくなった猫さんたちが、10時から14時までの
     約4時間、こうやってまだ見ぬ飼い主さんを待ちわびています。


     里親の会・会員Cさんのおうちで保護されているいそちゃん。
     会員Aさんお手製のボンボン付き前掛けがお似合いです
     譲渡会6
     『あたちにニャにかご用?サインだったらマネージャーを通してちょうだい』


     
     昨年からずっと頑張っているダイナマイトボディが魅力の男の子。
     譲渡会4
     『よっ!ちゃんとメシ食ったか?』


     ここに来ているコたちは、ほとんどが人の手によって捨てられたり飼育放棄されたコ
     その母猫から産まれた子猫
です。
     そのコらを保護された会員さんと一般の持ち込みさんとで、新しい飼い主さんを
     探す活動を行っているのです。
     ちなみに私も昨年一般の保護猫持ち込みとして参加させていただきました。
     (詳細は里親の会のHPかブログをご覧いただいたほうがわかりやすいかも
     しれません。だってほら、私、日本語怪しいから~(^^;)生粋の日本人なのにね )


     会員のみなさんも、普段は仕事を持っていらっしゃる方々ばかりです。
     そのわずかな時間の合間をぬって、保護猫の世話をされているのです。
     保護猫といっても、その数は半端じゃありません。
     およそ私達が想像もつかないくらい、多くの犬猫を各自で保護されています。
     それでも、このコたちに新しい家族をみつけてあげたいとの一心で、
     貴重な休日をボランティア活動に費やしているのです。
     みなさんとても前向きで、その姿勢には頭が下がる思いです。


     お昼ごはんを2回もおかわりして眠くなってしまった女の子
     『ムニャムニャ・・・おかわり』
     譲渡会2
     保護したのは一般の持ち込みさん。
     生後6ヶ月以上にはなっているらしいのですが、発育不良のためその体はとても
     小さく、3~4ヶ月程度の大きさしかありませんでした。


     一般の持ち込みさんにもいろんな方がいて、
     精一杯猫をきれいにしてくる人もいれば、保護した状態のまま連れてくる人もいます。
     体は薄汚れ、目やにもついたまま・・・(気の毒に思うのは私のおせっかい心なのです
     が)。
     せめて体を拭いてやり、目やにを取るだけでも印象は全然違います。
     そのちょっとした気遣いで、もしかしたら誰かの目にとまるかもしれないのです。
     譲渡会に参加すること自体が里親探しのチャンスではありますが、
     その先をもう少し工夫をしてあげることで、さらにチャンスが生まれると私は思います。
     
     私が保護猫を参加させていただくとき、自分自身で決めているルールがあります。
     それは、
     ○ 必ず健康診断を受けてから参加すること。
     ○ 時期が来たら必ずワクチンを接種すること。
     ○ 自分自身が納得いかない相手には丁重にお断りさせていただくこと。
     
     健康診断といっても、簡単な触診だけのものから、ノミ・ダニ・回虫等の駆虫を含むもの
     まで様々です。
     私は後者の健診方法をとっています。
     そうしないと、もし自分の保護猫が病気を持っていた場合、
     参加している他の猫さんたちに迷惑がかかるからです。
     やはりお互い気持ちよく参加したいですからね



     ちょびヒゲが可愛いタカハシ猫
     (なぜかそう呼ばれているので私も呼ばせていただいています。)
     先ほどのダイナマイトくんと同じ方に保護されました。
     譲渡会5
     とーっても人なつっこいコです!
     (参加猫には割と黒白(白黒)率が多いですね。)


     
     本日の譲渡会で、私がもっとも気になったまさき
     1歳くらいの男の子
     譲渡会3
     昭和の歌謡歌手のような青いリボンを着け、大きな体をケージのすみっこに寄せて、
     なんとも申し訳なさそうにうつむいている姿が可愛らしかったです
     子猫のときに線路脇のフェンスの中に捨てられ、現在会員さんのおうちで保護されて
     いるのですが、人が好いならぬ猫が好い性格のせいか、いつも先住猫さんたちに
     いじめられてしまうのだとか。
     時折ケージの中から、これまた申し訳なさそうにチョイチョイと手を・・・。

     ああ、まさきを連れて帰りたい!!!


     心からそう思いました・・・でもね、うちにはもう5匹もいるけんね・・・


     譲渡会でも里親さんを見つけるのはたやすいことではありません。
     1日頑張って、1匹しか決まらないこともザラだそうです。
     
     それでも猫を飼おうと思ったときに、ペットショップではなく、
     まず譲渡会に行ってみよう
と遠方から足を運んで下さる方。
     たまたま寄った会場で猫を見て、今すぐには決められないからと、
     翌週そのまた翌週とご家族で来場して下さる方々には、
     心から感謝の気持ちでいっぱいになります。
     
     
     ペットショップで購入することが悪いと言っているのではありません。
     しかし、今手を差し伸べてもらうのを待っている猫たちは世の中にたくさんいます。 
     そういったコを家族の一員として温かく迎えて下さる里親さんたちはまだまだ必要で、
     私たちの知らないところで保護にいたることもなく消えていく命はたくさんあるのです。
     
     保護されて無事第2の猫生を送れるのは、ほんのひと握りのコだけ・・・。
     もし、この先新たに猫を迎えようという方がいたら、ぜひ一度、地元の保護団体に
     足を運んでみてください。
     そして、優しい里親さんを待ち望んでいるけなげなコたちの目を見て下さい。
     きっと命の重さがおわかりいただけると思います。

     そして、一度家族として迎えたからには、惜しみない愛情を注ぎ
     終生可愛がってあげて下さい。



    
     ろびん『ねいしゃん、どうしたの』
     眉間にシワ


    
   
     ・・・うん。なんかね、真面目なこと書いたら頭が痛くなってきた。





     
     いつもおちゃらけたことばかり言ってるからね・・
     バファ○ン飲もうっと。

     人気ブログランキングへ
     にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

     命の重さ

| その他猫 | 21:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

*Mapo*さん、こんばんは~
譲渡会に行かれたんですか? 優しい*Mapo*さんだから、
ずっと譲渡会の猫ちゃん達の様子が気がかりだったんですね。
人間の勝手で辛い思いをしているコがなかなか減らないということは、
哀しいことですね… 
そして、そんな可哀相なコ達を保護しお世話されている方たち、
本当に頭が下がりますね。
たんぽぽちゃんたちも写真の猫ちゃんたちのように可愛い前掛けを
つけてもらっていましたね… お世話されてる方たちの優しい愛情を感じます。
写真のコたち、みんなとっても穏やかなそうで可愛いコたちばかり… 
たんぽぽちゃんたちやうずらちゃんたちのように素敵なご縁があるといいですね!
おこたに入ってぬくぬくのろびくんや今、ヒーターの上で幽体離脱状態で寝ている
ヒーローのように幸せな猫生を送る権利がどのコにもありますものね! 

| Hummingママ | 2009/02/15 22:52 | URL |

★Hummingママさん

> ありがとうございます。
譲渡会へは遊びに行っているというか、ジャマしに行っているというか・・・e-263
先日はうーちゃんと同じ時期から頑張っていた男の子に、とうとう里親さんが
見つかったんです!保護された方も本当に頑張っていらっしゃったから、ホッとされたのではないでしょうか。やっぱりあきらめちゃだめですよね!
ボンボン付きの前掛けは、会員の方が『少しでも見栄えがよくなって来場者の
目に留まりますように』と作って下さるんです。
たんぽぽたちはその前掛けを着けて里親さん宅へ巣立っていったんですよe-454
どんな形であれ、一度は家族に迎えたコを身勝手な理由で放棄することが
私は許せません。そういう人は動物を飼っちゃいけない。
Hummingママさんのおっしゃる通り、どのコにだって幸せに暮らす権利は
あるはずですからe-53

| *Mapo* | 2009/02/16 21:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://robipo.blog.fc2.com/tb.php/49-a12a1ed2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT